ジャケット

A

「会いたいんだ。」って言った
空になった朝が泣いた
癒えるように買った煙草も
尽きるようだ 色になって ねぇ

A

賽を振って、従って
終わるようなこんな今日を
伏せるようだ 眠くなっていく
離れないな 振り出しへ また

B

必死に 良心を隠して
会えるようなら またあそこで

S

窓を
雨が切っていく 哀が満ちていく
そんな中で話をしたね
月が落ちていく 月が落ちていく
優しさを捨てられていたなら

居なくなっていく 居なくなっていく
青い僕も 赤い夢も
擦り減らしていく 渇ききっていく
満ちるはこの部屋だけ さらば

A

「会えないかな?」って言った
電話口の 向こうから
泣きじゃくった 君が言った
萎むようだ

B

「縋ったら あなたともう一度
暮らせるなら また そこで。」

S

花を
四季が切っていく 移り変わっていく
感傷性の愛を降らす
忘れ去っていく 忘れ去っていく
時間は信じていたかった

色に焼けていく 黒ずんでいく
立ち尽くした僕の夢も
雲が晴れていって 僕を燃していく

C

夕焼け 花束
崩れるのは早すぎるから

S'

雨が切っていく 哀が満ちていく
そんな中で話をしたね
月が落ちていく 月が落ちていく
ここにはもう帰らない

SS

さらば
夢が堕ちていく 夢が堕ちていく
そんな空に恋をしたね
思い出していく 思い出していく
明日にはもう忘れていて

どうか

アンバー 変わっていく街に

00:00 / 05:22

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

ombre(アンバー)

作 詞 Uzi
作編曲 Glue(がり)

閲覧数:285

投稿日:2018/09/08 16:00:50

長さ:05:22

ファイルサイズ:12.3MB

カテゴリ:ボカロ楽曲

クリップボードにコピーしました