拘束ジャッジナイフ

投稿日:2012/06/09 19:26:57 | 文字数:324文字 | 閲覧数:115 | カテゴリ:その他

ライセンス:

大切なものを忘れてませんか?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寂しいから私は僕を被った
被り物は初めは虚構で
でもだんだん馴染んでいく
全ては空想で
何もかもが壊され創造される

夢うつつにみた僕は
透明でどこか悲しげだった
廻るの?
風向きが変われば風車のように
僕は廻る

ねぇ
私は僕で居ることで安心できた

暖かくてシェルターに守られた場所は
何も傷付くことはない

でも
何か大切なものをどこかに忘れてきたようで

沼地のほとりで
クオリアが哭いた

皆一緒じゃダメなの?
個性はどこにいったの?

拘束された時間とキャラクターで
社会を見渡す暇もない

心に余裕を

そんな軽い言葉は聴き飽きた

自分が変われば
周りも変わる

そういう連鎖を
思いやりを
優しさを

僕たちは忘れてはいないかな?

気ままに楽書きたる落書きをします。
イラストに関してはCorelPainter,photoshopが動作環境です。
作曲に関しては聴き専門ですが、Cubaseでの簡単な曲作りを知人としたことがあります。テクノ、エレクトロニカ、トランスが好みです☆

もっと見る
▲TOP