月と脱獄

投稿日:2017/05/02 22:44:41 | 文字数:869文字 | 閲覧数:341 | カテゴリ:その他

ライセンス:

「脱獄する少年と、そんな事態にすら冷酷な世界」
がコンセプトです。


曲構成、譜割り共に記入してあります。
使用ボカロやタイトル変更、歌詞の部分変更も承ります。
また、テーマのみ採用で、曲先、一から作詞して欲しいという事でも大丈夫です。

お気に召しましたら、こちら(http://piapro.jp/t/zG4w)
をご一読の上、是非御連絡頂ければと思います^^
よろしくお願い致します。

作詞曲マイリスト http://www.nicovideo.jp/mylist/30636507
twitterアカウント https://twitter.com/utxsf

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
自由の鍵 奪って
死線の中 くぐって
何もかもを振り切り
夜へと身を染める

B1
迫り来る足音を
やり過ごして
石の隙 見上げれば
満ちゆく月

S1
鎖全て投げ捨てて
後にした小部屋は
僕の何か 少しずつ
蝕んでいた

人の思想切り分ける
その線の一つに
髪の先が触れていた
異国の少年


A2
優しさだけくるんで
リボンをかけて渡す
そんなふうに世界が
回ると信じてた

B2
涙さえ枯れた今
ここを出よう
痛みまで殺してた
いつの間にか

S2
独りきりの脱獄者
吹きつける風には
泥の中を這い進む
苦味が溶ける

理不尽さを唱えても
神様に届かず
望んでないやり方で
大人になる


S3
鼠色に塗り上げた
アーチを駆け抜けて
記憶の底 懐かしい
名前を呼んだ

潮の匂い 浴びながら
潜りこむ小舟と
目を奪われ仰ぎ見る
冷たい月



【譜割り・()は一音分】

A1
じゆうのかぎ
うばって
しせんのなか
くぐって
なにもかもを
ふりきり
よるへと
みをそめる

B1
せまりくる
あしおとを
やりすごして
いしのすき
みあげれば
みちゆくつき

S1
くさりすべて
なげすてて
あとにした
こべやは
ぼくのなにか
すこしずつ
むしばんでいた

ひとのしそう
きりわける
そのせんの
ひとつに
かみのさきが
ふれていた
いこくの(しょう)(ねん)


A2
やさしさだけ
くるんで
リボンをかけ
てわたす
そんなふうに
せかいが
まわるとしんじてた

B2
なみださえ
かれたいま
ここをでよお
いたみまで
ころしてた
いつのまにか

S2
ひとりきりの
だつごく(しゃ)
ふきつける
かぜには
どろのなかを
はいすすむ
にがみがとける

りふじんさを
となえても
かみさまに
とどかず
のぞんでない
やりかたで
おとなになる


S3
ねずみいろに
ぬりあげた
アーチを
かけぬけて
きおくのそこ
なつかしい
なまえをよんだ

しおのにおい
あびながら
もぐりこむ
こぶねと
めをうばわれ
あおぎみる
つめたいつき

スフレ。詞や文。作家事務所所属中。
商業・同人コンピ参加・NNI楽曲担当経験あり。
作詞依頼大歓迎、その他各種執筆御依頼お待ちしております!
提供中サービス(時々更新)
https://coconala.com/users/460134
ツイッターフォローもお気軽に!

一文字一文字、心を込めて。

ニコニコ動画マイリスト http://www.nicovideo.jp/mylist/30636507
曲募集中作品に関して http://piapro.jp/t/zG4w
ツイッター https://twitter.com/utxsf
メール utagawasouffle@yahoo.co.jp

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【重音テト】月と脱獄【オリジナル】

    by 虚客さん

もっと見る

▲TOP