夜の詩

投稿日:2021/09/15 00:43:28 | 文字数:177文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:その他

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕の心がどんどん貧しくなって
他人に迷惑をかけないように
明日や将来のことを考えるように
休日の過ごし方を考えるように
日常を永遠だと考えるように
なってしまっているときも
君はどこかで歌を歌っているんだろうし
道端の花を見つけているんだろうし
路地裏で猫を探しているんだろうし
気ままに空を泳いでいるんだろうなぁ。

そう思うと、少しだけ生きていける。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP