緋キ月

投稿日:2008/02/22 00:49:04 | 文字数:207文字 | 閲覧数:518 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

この詩は、coyasさんの「赤い月とミク」というイラストにイメージを喚起され、書かせていただいたものです。
http://piapro.jp/a/content/?id=4geh3e2qlyqhekez

この詩には、すでに曲を付けていただいています。

「緋キ月」(Short.ver)・作曲:桐生拓海@異界堂さん
http://piapro.jp/a/content/?id=66bzqjfcpuswzsvb

この詩はcoyasさんのイラストからのイメージとして、
一番初めに書かせていただいたものです。

この他に、こちらの詩から発展したLong.verの「紅キ月」もあります。
http://piapro.jp/a/content/?id=8hf86qc70q96bouf

そちらの詩にも、すでに曲を付けていただいています。

「紅き月」・作曲:ちゃあさん
http://piapro.jp/a/content/?id=ajn9l8l8dx1hsrkq

ちゃあさんの曲で、coyasさんが作られたPVです。
(ご覧になるにはニコニコ動画のアカウントが必要です)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2360057

さらに派生型の「朱キ月」もあります。
http://piapro.jp/a/content/?id=j2xa6daxdfen5fu1

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

赤き光の 月の夜は
こころに秘めた けものが騒ぐ

あなたを捜して かぶりつく
月より紅い 血潮が溢(あふ)る

旧(ふる)き酒より なお甘い
喉を鳴らして 啜(すす)り込む

あなたは ワタシのものとなる
ワタシは あなたのものとなる

ひとつに溶けて 混じり合う
あなたが ワタシ
ワタシが あなた

夜空に響く ワタシの声で
あなたが唄う 夜想曲(ノクターン)

狂おしく また悩ましく
高く低くと 流れゆく

こっそりと貼り付け。(笑)

2008/08/07 BLOG始めました。
http://lackedathlon.blog64.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント4

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    >ハニカムさん
    コメントをありがとうございます。

    おっしゃられる通り、この詩は私が思いつきましたことのエッセンスを詰め込んであります。
    なるべく言葉を少なくして表現しようと思ったものです。

    ただ、この詩は曲が付くことを考慮しておりませんでしたので、いざ曲が付いてみますとちょっと短すぎました。
    そのためか2作目、3作目と、作るたびにどんどん長くなってしまいました。(苦笑)

    曲のほうは、この詩のイメージとさせていただいたイラストの作者のcoyasさんが募集なされました。
    そうしましたら、桐生拓海@異界堂さんがすばらしい曲を提供して下さったのです。

    この詩を皆さんのおかげで歌にしていただいたこと、大変嬉しかったです。
    そしてまた、あなたの創作意欲まで刺激できたことで、また嬉しさが増しました。

    ありがとうございました。

    2008/02/26 09:05:07 From  Athlon(あすろん)

  • userIcon

    ご意見・感想

    この詩すごいですね。全ての言葉に意味があるというか無駄がないというか短文の中にしっかりとしたストーリーが感じられます。ってね! 曲作った人のセンスもナイス!創作意欲をそそられました。

    2008/02/25 22:30:46 From  TRFハニカム

  • userIcon

    その他

    >SHELL Tさん
    コメントをありがとうございます。

    初めてコメントする側から、レスを返す側になって緊張するのと、
    同時に嬉しさもこみ上げてきます。wwwww

    そこまで読み込んで下さって、作詞したかいがありました。
    ミクたちを造られた存在ではなく、肉体を与えてみたかったのです。
    ただ、少し生々しくなってしまいましたけど。wwwww

    ありがとうございました。

    2008/02/22 02:37:06 From  Athlon(あすろん)

  • userIcon

    ご意見・感想

    吸血鬼という存在が、今までと違うものに感じられます。
    いえ、そこからもっと掘り下げた、深み・奥行きのある存在に。

    傷付け、奪う。一つになり、与える。

    そう輪廻に組み込まれ運命付けられた、実在するの生物のよう。
    絡まった存在の描写が見事です。

    2008/02/22 02:19:02 From  SHELL T

▲TOP