倒御伽噺/Reverse Fairy Tale

投稿日:2019/12/05 17:40:46 | タイム/サイズ:05:28/(11,501KB) | 閲覧数:270 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

12/3を以て歌詞を決定致しました!題名は「さかしまおとぎばなし」と読みます。
裏と表で歌詞が対極になっているおとぎ話です。イラスト募集中です。

作詞:遠月 詩葉さん

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

今 開かれたページの中での 幸せ彩る御伽噺を
私が紡ぎ始めましょう 君に届く様に独りでも


〈表〉涙のないエピローグ ただ 笑顔を配る為送るのなら
〈裏〉終わりのないプロローグ ただ 意味も無く開き続けるのなら
〈表〉嘘だって吐き続けるのだ 目隠しすらも盾となるでしょう
〈裏〉嘘だって吐き出したいのに 目隠しすらも取り払えない


迷った森中では 帰り道も分からない
届け物すら出来ない 誰かの手が掠めたの


「何処へ往くんだい?」と 貴方は現れ 襲い掛かるの
それが真実かさえ 知らないまま私は逃げる ただ逃げてる… 怖くはないのに


〈表〉貴方は 叫ぶ 聞こえはしない声を
〈裏〉聞こえぬフリした演技を続けよう
〈表〉そして私は帰りました 温かい家族の居る場所
〈裏〉帰りたくなどなかったのだ 温かいご飯もない場所しかない
〈表〉貴方は 何を求め哭いたの
〈裏〉分かって居たのに知らぬフリ 涙を見せないそれが定めなのに


今 物語が閉じてさよなら 君は何を思っているでしょう?
私の出来なかった手をさあ …なんて言える筈もないでしょう


〈表〉涙を運ぶエピローグ Ah 感動を皆に伝えられるのなら
〈裏〉救いを運ぶプロローグ Ah 約束が私の光であるならば
〈表〉不幸せすら語るでしょう 愛を温度を育む為に
〈裏〉不幸せすら騙るでしょう 美しいモノ見守る為に


泡に抱かれながら 光に焦がれたの ねぇ
海の底誘う声 失くしても君の元へ


「こちらにおいでよ」と 惑わす姿に 胸が痛むの
そちらに続く道歩くには辛すぎる
嗚呼 また遠ざかる 置いてけぼりなの


〈表〉周りに いない 冷たい海の前で
〈裏〉歪な歌さえ口吟めないで
〈表〉そして私は還りました 身を投げ泡と消える事で
〈裏〉還りたい場所辿り着いた 故郷に抱かれ眠りつく そして
〈表〉私は何を求め歩いた?
〈裏〉私はやっと笑えました やがて生まれ変わり再び逢う日を…


君は物語を信じて 夢を描き今まで来た
〈表〉けど決して忘れないでよ
〈裏〉それじゃあ“真実”が此処にはいた事を
〈表〉この 手で 物語を記そう!
〈裏〉その手で空を現にしようか


〈表〉そして噺は終わり行くよ 誰もが誰もを置き捨てて
〈裏〉御伽噺はまだ続くよ 貴方が貴方をやめるまで そして
〈表〉虚も君が描いた理想だ
〈裏〉虚実2つを認めたなら 幸せな眠りにつくその時まで…

もっとみるLyrics by 遠月 詩葉さん

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    初めまして、遠月詩葉と言うものです。今回偶然こちらの作品を見つけ、聞いた瞬間電撃を受けました!何故か懐かしくなるような伴奏に切なさとラストの盛り上がりがとても素敵でしたので僭越ながら歌詞を書かせて頂きました。かなり拙いですが、一読して貰えると幸いですm(*_ _)m
    聴覚が鋭い方とは言えないので、少しおかしな部分があるかと思いますが、言ってくだされば直します。また、表と裏歌詞は真逆の意味を歌うことで強調性と曲の深さを追求致しました。
    この様な曲の歌詞を書くのは初めてで、至らぬ点が多々あるかと思いますがよろしくお願い致します
    https://piapro.jp/t/cBXu

    2019/12/02 03:02:29 From  遠月 詩葉

オススメ作品10/27

  • 害悪は私でした。【offvocal】

    by せかいせいはさん

  • 右肩の蝶(鏡音リン)

    by のりぴーさん

  • スパゲティのうた-Full ver.-

    by れれれPさん

  • 死ぬために生きている/鏡音リン

    by 爽良奏斗さん

  • trick and treat

    by ふわふわシナモンさん

  • メランコリック カラオケ

    by Junky-GJBoxさん

  • ナゾカケ[2019] - Instrumental Version

    by ひなた春花さん

  • 朝が来るまで

    by kazkaz1211さん

  • 悪食娘コンチータ

    by mothy_悪ノPさん

  • ロストワンの号哭(inst)

    by Neruさん

もっと見る

▲TOP