砂時計の砂の

投稿日:2013/08/10 12:07:31 | 文字数:289文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:その他

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

探し物中の人生です。笑

でもたぶんいつかは
見つかるんじゃないかなって思うんですよねぇ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




足りないものを探してた
足りないものを欲しがってた

無いものをねだる

永遠に浸れば
怖くない気がしてた



怖いのが嫌なら
それに染まれ と
誰かは言っていたけれど
ほんとの理由を知らないから
そんなことしか言えないの



消えたくないから
願っていたの。

怖くない私は
私じゃないのかも。



ずっと足りなくて
その分だけ歩いていれば
止まらなくてすむ気がしていた





欲しいのは
それがどうして湧くかではなく
それがどうして枯れないかでもなく
もっと違うこと、


満たされること
満たすこと
満たしあえるってこと


そんな未来だったのかも。


こんにちは。美味しい美味しい
ビスケット略して『うまびす』です。
日常が混ざったような詩を
主に書いています。

美味しいものは
美味しい内にがモットーの
人間です(・∀・)(笑)

ゆったりまったり
参りますー(´∀`)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP