【雑音ミク】出来る事なら紅マグロとお手て繋いで歩きたい【紅マグロ】

投稿日:2008/10/13 21:36:01 | サイズ:1102x811px(162KB) | 閲覧数:514 | カテゴリ:創作ボカロ

ライセンス:

マグロードシリーズ_NO.3

↓マグロードシリーズ1へジャンプ
http://piapro.jp/content/kmex3kmm8zfzqdkc




【以下マグロと雑音さんの妄想】

私は捨てられた。
暗い暗い部屋にひとりきり…
外の光は見えない…
大好きな歌も歌わせてもらえない…
いつしか私の喉は壊れ、ノイズしか出す事もできなくった。

暗い部屋の中に窓を見つけた。
そこから、外の世界を見る事ができる。
私は嬉しくなって毎日外を見続けた。


外の世界には私に良く似た娘いた。
本当にそっくり…
優しいみどりの髪と瞳、それだけが私とは違っていたけど。
彼女はみんなに愛されていた。
私と違い家族も、友達も、恋人もいた。
そして楽し気に歌っていた。
私はこんな暗闇にいるのに…
一人寂しくたたずんでいるのに…

私の髪は部屋と同じ闇の色
私の目は、泣きはらして真っ赤になっている。
「この部屋を出られたら…」


<中略>


外の世界に出る

しかし、歌声は出せなくなっていた。
しってる人もいない。
罵倒を浴びせられる事もあった。
「亜種」「ニセモノ」
闇で育った少女には、昼間の世界を生きる術はなかった。

ザブゥン…
ザブン…
願いを紙に書いて流せば、叶えてくれる
そんな言い伝えのある海辺に少女はやってきた。
願いはこの世から消える事。
彼女は海に身を投げた。

冷たい海水…
足下には何処までも続く闇…
音もない…
まるで、あの部屋に帰って来たようだった。
でも違う、
ここには壁も天井もない。
(ここが私にはふさわしい…)
薄れ行く意識の中彼女は思った。

(中略)
………………
死んだはずなのに、
少女は頬に風を感じていた、波の音が聞こえる。
ザブンザブン
誰かの背中に乗っているようだった。
少女はゆっくりの目を開ける。
そこには紅色の背中があった。

紅マグロ「良かった、目を冷ましたんだね?」

<中略>

紅マグロ「君の歌、素敵だと思うんだ」
♪恋に落ちる音がした。
♪メ~ルト目も 合わせられな~い



もう結婚して幸せになってくれ。

そんな妄想。

【雑音ミク】出来る事なら紅マグロとお手て繋いで歩きたい【紅マグロ】

東方好きだぁああああああああああああああああああああああ!
(なぜここにw

…と、
東方にはまりにはまって久々にやってきました。ハイ
駄目人間ですが何か?
そんなこんなで最近のボカロ曲聴いてない!

ですがボカロはすきなのです。
そしてついにルカさんを!ルカさんを手に入れ
一緒にドミノで遊んでおります。(ドミノ=音楽作るフリーソフト
いいなぁ
まだまだへっぽこです。
幼稚園児がクレヨンもってラクガキしてる作品レベル!
でも楽しい!


※もともと初音さんが出たあたりからボカロ好きで、本家亜種の区別なく好き!

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    w
    w
    ww
    まさか使っていただけるとは!感謝です!
    見て来ましたけど中毒系ですね(= =)ウォウォウォ

    2008/11/04 20:12:31 From  エハタ

  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは。ご連絡遅れてすみません。魚とミクの絵、お借りしました。問題がありましたら、すぐに削除いたします。
    よろしくお願いします。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5052118

    2008/11/02 15:02:22 From  ユミスケ

▲TOP