【結月ゆかり V4】 天使のはしご 【オリジナル曲】

投稿日:2016/09/03 17:43:03 | タイム/サイズ:05:38/(13,194KB) | 閲覧数:472 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

結月ゆかりオリジナル曲です。

「天使のはしご」とは、少し曇った日に
雲の隙間から漏れている木漏れ日のような
光のすじのことです。きれいですよね、アレ。

あんな感じのさわやかさ、そして
いつ暗転するか分からない空模様の不安さを
表現しようとしてみました。

第一版なので、今後ちょこちょこと
改版となる可能性がありますけど、
大して変わらないと思います。

【改版履歴】

2016/08/20 メインボーカルにブレスを追加。VariAudioで音程編集。
2016/08/22 ドロップ前のSEを変更。
2016/08/23 若干の音質バランス変更。
2016/09/03 少し編曲を修正。ゆかり「穏」の成分を追加。

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

-----------------[・天使のはしご・]-----------------

作詞・作曲:Chief Meat

--------------------------------------------------

いつもの帰り道、雲ぐもの隙間から
「天使のはしご」が眩く輝いていた。

--------------------------------------------------

いつも夏の雨は急で、
降るも止むもその日次第。

止んだ後に香る空の澄んだ匂い、
胸に吸い込んでみよう。

ほら深々と。
目を閉じて、感じよう。

今だけは、どんな辛さも
夏風に委ねよう。

ふいに沈む心が一人では苦しくて、
無理に空を見上げて
「天使のはしご」を向いた。

--------------------------------------------------

踊り狂う不安に煽られ、潰され、
もう二度とは戻らない若さを無駄遣い。

いつ止むとも知れない時雨に打たれて、
しゃがみこんで震えた。

目を閉じ、耳をふさいで。

--------------------------------------------------

気が付けば、晴れ間がのぞき
朗らかに鳴く鳥が、あたしにこう告げるの

「ごらん、陽射しが眩しいよ?」と。

--------------------------------------------------

傘を閉じて、一人歩く。

ぽたり、ぽたり、落ちる雫。

もしも君がここにいたら、
二人、笑顔浮かべ、両手を繋いで、
見たこともない光芒を眺めてる。

あの光が差す先には、
どんな希望があるかな?

--------------------------------------------------

いつになれば晴れるの?
飛び交う雲たち。

ひたすら怯えていたら
時間は過ぎなくて。

いつ止むとも知れない大風に吹かれて、
手を握りしめている。

「その内、止む!」と叫んで。

--------------------------------------------------

いつか晴れは戻るの。
輝かしい空を待とう。

雲と雲の隙間に、
ほら、光る道を探そう。

いつもの帰り道、悲しみの合間にも、
「天使のはしご」が眩く輝いている。

もっとみるLyrics by ChiefMeatさん

EDM(特に2step、グリッチホップ、エレクトロスウィング)大好き。
動画師様・絵師様常に大募集中です!
スカイプ:chiefmeat
twitter : ChiefMeat

もっと見る
  • 【結月ゆかり】風に任せて【オリジナル曲】

    by ChiefMeatさん

  • 【結月ゆかり】Vermin Vernichtung【少佐】

    by ChiefMeatさん

  • 【結月ゆかり】 狂界性人格障害 【オリジナル曲】

    by ChiefMeatさん

  • 【結月ゆかりV4】 One More Step 【オリジナル】

    by ChiefMeatさん

  • Tiggy Tag

    by ChiefMeatさん

  • It's Da MikuHop

    by ChiefMeatさん

  • 【結月ゆかり】 紫陽花,addictive 【歌わせてみた】

    by ChiefMeatさん

  • 十七歳。-Virtual Live Edit-

    by ChiefMeatさん

  • 灯(Tomoshibi)

    by ChiefMeatさん

  • 【結月ゆかり】Do you know how to DIE?【オリジナル曲】

    by ChiefMeatさん

もっと見る

▲TOP