【UTAUカバー】 青春ライダー 【cazzy(Bvキエンex)】

投稿者: usericon阿僧祇さん

投稿日:2016/09/16 08:59:47 | タイム/サイズ:03:00/(5,630KB) | 閲覧数:291 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

ドラゴニクスさん&十七尉さん作「青春ライダー」http://piapro.jp/t/TD5Xです。元曲は改変禁止ですが一応許可を頂きカバーしました。
音源の特色にあわせて言い回しを一部変え、間奏部にHANASUを追加しました。

主演はcazzyさん、助演はキエンさんです。

CAZZY さん (個人) 
http://piapro.jp/CAZZY
cazzy

【UTAU制作】The Nameless projection
http://piapro.jp/collabo/?id=26063
キエン

========
「青春ライダー」 (一部改詞)

 作詞:十七尉
 作曲:ドラゴニクス
 ボーカル:cazzy
 コーラス:キエン ex


サイレンに上品に吠える小奇麗な飼い犬とは違う
彼女を傷つけた理想の世界
…愛せない!

見えるもの全て敵なら見えなくても敵になるのさ
晴れて追われる身ならば気が済むまで逃げてやる

夕陽まで青春ライダー
ツバを吐け嫌いなこの町
転んだら屍肉燃やして残った骨は海にバラ撒け

部屋に残したものならひとつ残らず処分してくれ
ワイドショーならきっと言うのさ
「彼のこと、わからない」

聖職者を手にかけてまで救いたいものだってあるのさ
上機嫌で人目を避ける日陰者でもいい


 (セリフ)

 caz「俺の前に立つな」
 キ「えっ!?」
 caz「俺の横にも行くな」
 キ「ええっ?」
 
 caz「どうしてもってんなら後ろに来い」
 キ「でも……」
 caz「でないとお前を……護れない」
 キ「……うん。わかった」


朱(あけ)の夕陽 不可逆の空
いつか 誰かまた 命を捨てる

消え去れ煙のように
逃げまわれ羽虫のように
終わりを迎えても笑い上戸で生き急ぐ

雨の日は水を掻き分け
風の強い日は羽を広げて
どんなに不遇(みじめ)なときでも悔い改めたりはしない!

夕陽まで青春ライダー
ツバを吐け嫌われようと
転んだらケダモノ集めて骨も食い荒らせ!

沈む陽を見て思うのは
なあダディ 
なんで俺はこの世界が大嫌いなんだっけかな?


サイレンにコソコソ隠れるブザマな野良犬でもいい
彼女を救えたのなら全て終わりでいい

逃げまわれ青春ライダー
ガソリンが燃え尽きるまで
晴れて追われる負け犬

灰になるまで、逃げまわれ !!

カード
イラスト1

+ 追加

illustration by CAZZYさん

PLAY

サイレンに 上品に吠える
小奇麗な 飼い犬とは違う

彼女を傷つけた 理想の世界 愛せない

見えるもの全て敵なら
見えなくっても敵になるのさ

晴れて追われる身だ 気が済むまで逃げてやる

(0:40~)
夕陽まで 青春ライダー
ツバを吐け 嫌いなこの町

転んだら屍肉燃やして 残った骨は海にバラ撒け

部屋に残したものなら 遺品として処分してくれ

ワイドショーなら きっと言うのさ
「彼のこと わからない」

聖職者を手にかけてまで 救いたいものだってあるさ

上機嫌で 人目を避ける 日陰者でもいい


朱(あけ)の夕陽 不可逆の空
いつか 誰かまた 命を捨てる

(1:30~)
消え去れ 煙のように
逃げまわれ 羽虫のように

終わりを迎えても 笑い上戸でなおも生き急ぐ

雨の日は 水を掻き分け
風の日は 羽を広げて

どんな不遇の中でも 悔い改めたりはしない

夕陽まで 青春ライダー
ツバを吐け 嫌われようと

転んだら獣集めて 骨も食い荒らせ

沈む夕陽を 見て思うのは
なあダディ なんで俺はこの
世界が嫌いなんだっけかな

(2:20~)
サイレンに コソコソ隠れる
無様な 野良犬でもいい

彼女を救えたのなら 全て終わりでもいい

逃げまわれ 青春ライダー
ガソリンが 燃え尽きるまで

晴れて追われる負け犬 灰まで逃げまわれ

もっとみるLyrics by 小駒みつりさん

ピアプロで生まれたり活動拠点にしたりしている、ピアプロメンバー製作によるUTAU音源を応援して、もっと活躍してもらおうという主旨のコラボです☆
のぞいていただいてありがとうございます!!(>▽<)o

 配布中を確認したピアプロ系(?)音源
 http://piapro.jp/t/P782

しかし、多数の音源さんのためにそれぞれ新曲を作るのは労力が多大すぎる……。
そこで、あなたがすでに発表してるオリジナル曲や、カバーOKの曲、著作権フリーの曲などのオケを使ったカバーバージョンを歌わせることで、彼女/彼たちに活躍の機会を量産してはいただけませんでしょうか?

 ・カバーさせてもいい歌曲がある (合作でもOK)
 ・UTAUでアカペラを作れる (初心者にはお申し出あればお手伝いします)
 ・MIDIで編曲ができる
 ・音声の編集とMixができる (分業も応相談)
 ・うちで作った音源に何かUTAわせてくれ(公開前でも配布予定があれば可)
 ・はっきり言って私は上級者、ばっちまかせろ
 ・私はそれほど上手ではないが、管理者よりはマシに作れる
 ・初心者だけど調声やMixの練習を兼ねてもいいんなら手伝ってやんよ
 ・未経験だけど調声やMixを初歩から教えるってんなら1回くらい試してみようかな?

という皆様、どうかお力をお貸しください!

特に必要の生じない限り〆切とか義務とかは設けません、マイペースで参加してとりあえず飽きるまでというスタンスでもOKですので、切実、手伝ってほしい。(T人T)

メリットは、

 ・元曲を知らなかった人にあらためて紹介できる
 ・他の人のUSTやVSQの中身を見ることで調声の知識を研究できる
 ・Mixでいろいろな実験をできる
 ・カバーが失敗作でも元曲がすでに発表されてるので問題なし(マテ;) 

などです。


追記>>
*曲のリクエストは、可能な状況のときのみ挑戦させていだきます。が、現状は、着手したとしても半数くらいが完成できないという結果となってますので(TT)、その点いちおうご了承ください。(汗)
(つか、素材確保とかUST作りとか、申し出ていただければお手伝しますからできるだけ自分で作ってみて;)

*他の人が使ってもいい素材を、共有ファイルにご提供お願いします。

*共有ファイルにあるカラオケ等の素材を、メンバーの方は自由にカバー/アレンジして使ってください。コラボ投稿作以外でも、個人作品に使用してもかまいません。(ただし、投稿者さんにひとこと「使いました」と報告を☆)

*オリジナル作品のオリジナルバージョンや、ピアプロ系UTAU音源以外の声がメインとなってる音声データを投稿することは、特別に事情がある場合を除きご遠慮ください。

*「共有ファイル」にアップできないデータ用アップローダ
http://ux.getuploader.com/ASUONGEN/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    音源使ってもらいありがとうございます

    2016/09/16 09:28:30 From  CAZZY

  • userIcon

    メッセージのお返し

    すばやい!(汗) 聴いていただきありがとうございます!
    前作はバラードだったので、今度はハードロックを試させていただきました。

    2016/09/16 09:36:17 阿僧祇

  • 【UTAUカバー】 青春ライダー 【甘音セト(Bv終音コトミ)】

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 【アクリまつり】 青春ライダー 【染音アクリ(Bv志音アヤ_キレ)】

    by 【UTAU 】染音アクリ祭【初心者歓迎☆全担当募集】

もっと見る(6)

  • 【UTAUカバー】この歌が君に届くのなら【cazzy_(BV.HUYA&染音ヒマリ)】

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 【キエンけんだま音源】フフホト~青い城壁の町/犬叱

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 【キエン(Bv歓音コウ)】 がんばれ!出張サラリーマン-groove mix 【UTAUカバー】

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 【祝7/18キエン誕カバー】アクリルの心臓~ライブ録音風【キエン(Bv初音ミク)】

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 【キエンCVVCV兼用連続音】 THE STREET OF LAREDO (「カウボーイの子守唄」)【英語発音実験作】

    by 阿僧祇さん

  • 【キエンCVVCV兼用連続音(&傷音ウサ)】マンガよもっと深くあれ~阿僧祇verフルコーラス【祝・新音源配布】

    by 阿僧祇さん

  • 【キエン】有頂天ビバーチェ【カバー】

    by ピアプロ系のUTAU音源さんたちにあなたの曲をカバーさせてください!

  • 合唱曲 [詠創芦鹿/キエン/彩音ゆめ]

    by Linさん

  • 【祝7/18キエン誕】フフホト~青い城壁の町【オリジナル】

    by 阿僧祇さん

もっと見る

▲TOP