悪ノ召使替歌「悪ノニート」

投稿日:2008/06/07 02:08:15 | 文字数:694文字 | 閲覧数:519 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

※注意※
この作品は悪ノP様の「悪ノ召使」を聞いた自分が
思わず考えてしまった、原曲からかけ離れた替歌です。
削除要請が来ましたら即座に削除させていただきます。

■原曲
【悪ノ召使】http://piapro.jp/a/content/?id=ktapoh00jbyf60v3

■設定?
初音ミクさんに嵌りこんだニートの歌みたいなものです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君は二次元 僕は三次元
モニターが分かつ 哀れな2人
君の歌を 聞く為ならば
僕はニートにだってなってやる


期待の中で僕は生まれた
祝福するは両親の声
大人になって大台越えて
僕はいつしか魔法使いに


たとえ社会の全てが
僕の存在を否定しても
僕が君を守るから
君はそこで歌っていて


君は二次元 僕は三次元
モニターが分かつ 哀れな2人
君の歌を 聞く為ならば
僕はニートにだってなってやる


隣の町へ出かけたときに
店で見かけた新作のあの娘
その可愛い声と笑顔に
一目で僕はレジに向かった


ドキドキ自室で封を開け
インスコしようとPC起動
スタート画面のその後に

デスクトップには君の笑顔


君は二次元 僕は三次元
モニターが分かつ 切ない2人
「愛してるわ」デジタル音声
君は歌い 無邪気に笑う


とつぜん僕の世界は終わる
疲れた両親たちの手で
粉々のパソコンの前で
僕は愕然 崩れ落ちる


「ほらもいちど僕に微笑んで」
「かわいい歌声を聞かせてよ」
「大丈夫こんなのすぐ治るさ」
ジャケットに涙が伝い落ちる


僕は三次元 君はボ-カロイド
次元が違う 悲しき2人
君とともに歌えるだけで
他には何も 欲しくなかった


引きこもってた頃の僕は
毎日1人で部屋の中
外から伝わる母の声
僕は見ないふりをしていた


君と引き裂かれた日に
僕は生まれ変わったのさ
今は君の歌でなく
両親の笑顔を見てるのさ


君は歌姫 僕は会社員
触れ合うことは ある筈もない
君の歌声を 思い出し
今日も一日仕事に励む


もしも出会うことが出来るなら
その時はまた歌おうね

いろんな所に出没しては、イラスト描いたりしてる変な人です。
漫画絵より、デフォルメ系が得意というか漫画絵苦手(´・ω・`)

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    >yuibonn>さん
    ありがとうございます。
    実は別名「ニート更正の歌」とかだったりしますw

    2008/06/14 09:05:21 From  ケフィア

▲TOP