おりひな英一さん

おりひな英一さん

thecornerstoneofliberty

どうも、寂しがり屋です。

Twitterやってます。何かを呟いています。たまに面倒くさ気な呟きします。
http://twitter.com/H_orihina

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(22)

  • arata
  • CHRIS
  • コザキユースケ
  • 桃華なゆた・灯下箱
  • ラマーズP
  • 真琉樹
  • mitsuk
  • ちほ_buchiko
  • のりぴー
  • 水野悠良
  • 夢之式
  • ミナツキトーカ(パンドリストP)

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

『初音ミク』は物語から逃れられない

 『初音ミク』は物語から逃れられない  これを読んでいるあなたはどこかで、「初音ミクは特定の物語を持たないキャラクターである。」といった類の言葉を耳にしたことがな いだろうか? 「初音ミクはたった一つの物語を持たないがゆえに二次創作され続け、凄まじいムーブメントを作ることに成功したのだ」 と。まあ、それに対する異論は僕にはない。発売元であるクリプトンが必要以上に規定しなかったからこそ初音ミクは魅力的な キャラクターに育ったのだろう。けれど、そういった論の中で僕はこんな言葉を聞いたことがあるのだ。 「初音ミクは物語から独立したキャラクターである。」  おそらく、初音ミクに関する議論に詳しい方ならその通りだと頷いてしまうだろう。「初音ミクは物語に規定されないキャラクターであ る」と。すでに多くの人々に支持された考え方だ。でも、僕はあえてこの考えに反論してみたい。「初音ミクは物語から独立し てはいないのだ」と。多くの方は僕の言っていることが矛盾していると思うだろう。さっきお前は異論がないと言ったじゃないかと。ま あ、一見そう思われても仕方がない。でも、少し考えてみてほしい。さっき僕は、「初音ミクは公式であるクリプトンによって 絶対的な『たった一つの物語』を授けられなかった」とは言った。一般的に言われていることで、それゆえにボーカロイドムー ブメントが成長したのだということに異論はない。それは確かだ。しかし、「公式によって物語を授けられなかったこと」はイコール「初 音ミクが物語から独立したキャラクターである」ことを意味するのだろうか? 果たして本当に、「初音ミクは物語から自由になった」と 言えるのか? 断言する、絶対にそんなことはない。むしろ『初音ミク』は物語の上にしか存在し得ないのだ。  さて、お前の言っていることはワケが分からないと言われる前に少しだけ簡潔に整理しよう。僕の主張を要約するとこうだ。まず、「公 式による規定と物語による規定はまったく別物である」ということ。混乱する人がいるだろうから次の主張はまた後で述べよう。ま ずはその違いからだ。公式による規定と物語による規定、僕は多くの方がこの二つを混同して考えているように思うのだ。まあ、仕方のな いことだとも思っている。従来、「キャラクター」とは制作者が作ったたった一つの作品の内に留まる存在だった。それもそのはずで、そ もそも「キャラクター」とはまず、制作者が作った物語のために存在したのだ。とても陳腐な例で申し訳ないが、ある作家が居て、彼 は勧善懲悪を賞賛する話が書きたいとしよう。「キャラクター」はまずその話の中の役割を帯びた人物として生まれるのだ。この例の場合 まず称えられるべき勇者と責められるべき魔王という配役が考えられる。作者の意図する話のために、勇者は読者に好感が持たれる設定が 与えられ、尊敬されるように動く。魔王はその逆と考えてもらえれば結構だ。このように本来「キャラクター」とは、まず先に物語があ り、その上で作者の意図するもののための行動をするために生まれる存在だったのだ。このようなキャラクターの起源から考えると、今 でこそ当たり前に思えるが、『たった一つの物語』の範疇を飛び越えて活躍する『初音ミク』のようなキャラクターは、先立つ物語が存在 しない「キャラクター」というのはもの凄く異常なのだ。誕生し得ないとすら言える。しかし現実に『初音ミク』は誕生し、僕 らの前でその生き生きとした活動を見せつけている。その意味で『初音ミク』は確かに革命児だ。それ故に、あなたはこう思ってしまっているのではないか? 「初音ミクは物語の束縛から逃れたキャラクター」なのだと。誤解の原因はここにある。混同するのも当然だろう。そもそも「物語による規定」などと云う考え方が今までなかったのだ。きっと必要なかったのだろう。「物語は公式が与えるもの」以外の何者でも無かったのだから。  あなたが勘の良い人ならば、そろそろ僕が何を言おうとしているか読めてきたのではないだろうか? そう、僕が問題にしたいのは「今、物語の所在はどこにあるのか?」ということだ。何を言っているか分からないという人も居るかもしれないが、そういうあなたはこんな疑問を頭に浮かべて欲しい、「お前は初音ミクは公式から自由になっただけだと言うが、だったら公式が持っていた物語は今どこにあるのだ?」とね。だが、それをもうあなたは知っているはずだ。むしろ、僕よりも深く知っているのはあなたの方だとさえ思う。何せ、それ故に『初音ミク』は今日、巨大なムーブメントとなっているのだから。そう、『初音ミク』を規定する「物語」は今、一人ひとりのユーザーの掌の上にある。楽曲を作るProducerなどは一番分かりやすい例だろう。頭に一つあなたが好きな楽曲をイメージして欲しい。何でも構わない。だが、何を浮かべようとそこに居るのは「仕事として曲を歌うアイドル」ではなく「曲によって形作られているキャラクター」としての『初音ミク』ではないか? つまり『初音ミク』は各々の楽曲に対し「関係のない個性を持ったキャラクター」として存在するのではなく、まさしく「楽曲を纏うことでキャラクターになる」ということだ。例えばニコニコ動画のタグである「かわいいミクうた」や「クールなミクうた」といった類のものはそのことを象徴しているように僕には思える。分かりづらいかも知れないが、あなたも「かわいいミクうた」と「クールなミクうた」が、完全に楽曲から独立した「全く同じ存在としての初音ミク」に歌われているとは想像しづらくはないだろうか? 「楽曲とは関係なく存在する初音ミク」がまず先にどこかに居り、全ての楽曲はその「楽曲から独立した一人のキャラクターとしての初音ミク」によって歌われているのだ、とは。故にやはり『初音ミク』は「個々の楽曲を纏う事で個性を帯びる」のだ。ここでは分かりやすい例としてProducerの作る楽曲としたが、これは別にイラスト等その他の媒体に置き代わってもかまわない。それらは全て「物語を想定する」からだ。長くなってしまったが、要は『初音ミク』は公式によって「たった一つの物語」を与えられなかった代わりに、ユーザーが持つ「個々の物語」に依存せざるを得なくなってしまったということだ。  先ほど保留しておいた次の主張に移ろう。とは言ってもそれは先程から暗に示してしまっている事なので、あなたが既に僕の言いたい事が「分かっている」のなら読み飛ばしてしまっても構わない。ここはまだ釈然としていない方のための部分だ。話を続けよう。『初音ミク』はこの「個々の物語」から逃れることは絶対にできない。あなたがまだ「分かっていない」としたら、疑問はこれだろう、「『初音ミク』がたった一つの物語を得られなかったからといって、他の物語に依存せざるを得ないなどとどうして言えるのだ」? もっともな意見だ。なぜ僕が頑ななまでに『初音ミク』の物語への依存性を主張するのかが分からないという人も多いだろう。だが断言する、『初音ミク』は「物語」に依存せざるを得ないし、『初音ミク』はその上でないと生きられない。絶対だ。仮に想定してみようか、「物語から完全に独立し切った初音ミク」を。ユーザーが持つ個々の物語を離れ、当然公式からも物語を与えられなかった『初音ミク』だ。そこにあるのはKEI氏が描いたあの初音ミクの公式イラストだけだ。イラストだからといって想像するのは別に平面でなくても良い。大事なのは「見かけは『初音ミク』そのものであること」だ。さて、問おう。この「物語から完全に独立し切った初音ミク」は、果たして「あなたを魅了するあの『初音ミク』」と同じものなのか? 確かに見かけは同じだ。おなじみの大きなツインテールが特徴のあの少女だ。だが考えて欲しい、そこに何の物語を持たない『初音ミク』がどのようにしてあなたを魅了するというのだ? いや、むしろあなたはそんな『初音ミク』に何の魅力を見出せるのだ? あなたを魅了する『初音ミク』は単なるツインテールの少女ではないはずだ。ユーザーに一途な恋を抱くVOCALOIDであったり、人生に悩みを抱く16歳であったり、ドレスを身に纏う暗殺者であったり、武器を片手に命がけの追いかけっこをする危なっかしい少女であったり・・・そういうユーザーが意味付けた中に垣間見える『初音ミク』性に僕らは魅了されるのではないか? 「物語から完全に独立し切った初音ミク」は、確かにツインテールで可愛いあの子の顔とまったく同じでも、それはきっと僕らが恋い焦がれる『初音ミク』ではないのだ。思い出して欲しい、あなたが初音ミクに魅力を覚えた瞬間を。もしくは実感して欲しい、今あなたが初音ミクのどんなところに魅力を覚えているのかを。それはきっとユーザーに個性を与えられた『初音ミク』だったはずだ。  ここまで読んだあなたが、僕の主張に納得してくれるか憤りを覚えるか、若しくはまだ釈然としないかは分からない。けれど一つだけ誤解しないで欲しいのは、僕は決して『初音ミク』の権威を貶めたくてこのようなことを言っているわけではないという事だ。『初音ミク』は物語から逃れられない、僕はむしろそこに肯定的な意味を見出したいのだ。あなたの興味を惹きたくてあえて否定的なニュアンスの言い方をしたが、僕の本来の主張は「『初音ミク』は個々の楽曲を纏う事でキャラクターになる」の方だ。誤解を招いたのならば謝る。僕がそもそもこの様な主張をした理由は、その視点を一人でも多くのユーザーに知って欲しかったからだ。「物語」というものが「『初音ミク』の魅力」と不可分だという事を。それは、あなたがユーザーとして『初音ミク』と関わる時、大きな助けになるはずなのだ。というのは、裏を返せばこれは「『初音ミク』を魅力的にするため」の一つの答えであるからだ。もしもあなたが『初音ミク』を魅力的なキャラクターにしたいと思う時が来れば、この「『初音ミク』は物語を纏う」という視点をどうか思い出して欲しい。それはきっとあなたを助けてくれるはずだから。ここまで読んだあなたならばそれがどうしてかはもう分かっているはずだ。  もっとも、そんなことは当初からユーザー同士が各々の個性を持って積極的に関わっていく事で発展してきた『初音ミク』――つまりはVOCALOID文化においては自明の事なのかも知れないけれど。

『初音ミク』に対する個人的な考察です。エンターテイメント性や読みやすさを重視した結果、若干高圧的な口調になってしまいました。不快に思われた方はゴメンナサイ。ここはピアプロという場所であるので、わざわざ主張する意味もあるかと思いました。
 未熟だなぁとは思います。
 既にこの冗長な文章を読んでくださった方はありがとうございました。

もっとみる

投稿日時 : 2010/05/24 02:02

最近の投稿作品 (2)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP