siragaさん

siragaさん

yoru98

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

6/5
歌い方で気になっていた部分と、オケを少々直しました。

音割れするようになったので再生だけなら
前のバージョンをお聞き下さい。

----------------------------------------------------

3作目です

明るい曲調を目指したのですが、
伴奏付けるとそうでもなくなりました

なんでだろ、、、長いし、、、

伴奏は色々頑張ってみましたがこれ以上無理です
いつまでも完成しそうもないので、ここらで見切りを付けます

まだ直していきたいのでご意見、感想等いただけましたら幸いです



※花色について
花といえば桜ですが、花色といえば露草色のことです
淡い藍色、深みのある優しい青色です

KAITOには青のイメージが付いてますから
ちょうどよかったかもしれません


-------------------------------------------
【月の下】

夕日落ちて 遠ざかる空
淡く光る 雲の切れ端
茜色の 薄闇溶けて
消える影法師

日向の匂い 吹き散らす風
浮かび上がる 清か星影
空には割れた 鏡のかけら
薄く煌いている

夜の気配 密やかに
広がってゆく 果てし無く
高く深く 澄みわたる空
星が降りてくる

あなたが好きだよと言った
花色につつまれて
その姿を思い描くよ
また会えたらいいな



幽か届く 星のさざめき
熱を奪う 愛し涼風
露をはらみ 沈む叢
空よりも暗い影

冴え渡る 此方の地平
銀の雫 震えて落ちる
空には欠けた ガラス玉
凍りついた瞳

天の底に 冷めた光
輝き増して 消える星  
眩し過ぎて 目を瞑る
星が落ちてくる

もう会うことはないんだろうと
夜を歩きながら
それでも廻る星に願うよ
勝手すぎるかな



思いはせる ソラの彼方
遥か遥か 時の先で
あなたと重なっているなんて
信じてはいないよ

「いつかまた会いましょう。」と言った
あなたの声がする
どこかの誰かなんかじゃなくて
ただあなたに会いたい

あなたが好きだよと言った
花色につつまれて
ひとり
やさしい花色の底で

もっとみる

投稿日時 : 2008/06/05 00:22

最近の投稿作品 (3)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP