chu-jiさん作品一覧

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

    chu-jiさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    isotext

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    ここにあることを伝うのは
    ひととせを数うより永いけど
    ”誰かではない”ことのように
    単簡な言葉をなさなくていい



    "art is long"


    "gift too"


    "―――long enough ?"


    "turn me"


    "neither"





    カナシミを謳っても

    同じ声 どこかで 微笑う

    傍らの交差点 

    すれ違う影を ご覧

    何も違わない





    繰り返し 損い

    小さく問い返す   "so what"

    過たず 残らず

    同じ場所に立つように

    turn me into unsame  one

    ver.2 / 2

    ご依頼されているもの。


    テーマを決めるのに死にました。
    決めてからもほぼ死んでました。



    語句:

    ・数う  → かぞう

    ・単簡  → たんかん

    ・過たず → あやまたず



    では、蛇足:


    ・アイソテクスト。言葉じみたもの。
     本来のメッセージとはかけ離れたもの。かけはなしてしまったもの。


    ・テーマは「解釈」。各自の事実の消化の仕方。
     如何様なストーリーを採択するかで万事は変わります。これも技術の一つです。

    ・テーマがテーマだけに過去作品のまとめみたいになりました。
     伏流するもんが同じだとこうなります。芸がないだけとも言える。

    ライセンス:

    投稿日時:2015/08/19 22:56:03

    閲覧数:1,938

    カテゴリ:歌詞[編集]

    この作品URLを含むツイート1

    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      関連する作品をつなげよう
        ▲TOP