ボイスドラマを作ろう!作品一覧

不思議の国のアリスを題材にボイスドラマを作っています。

ニコニコ動画に公開します。


現在、作詞家、作曲家、絵師を募集してます。

もっと見る

    作品にコメントして 綾呑さんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    第二章/シナリオ

    投稿者:usericon綾呑

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    第二章

    -森(地面:土)-

    【歩く音】
    アリス「はぁ……ここはいったいどこなの?」

    チェシャ猫「ここは不思議の国だよ」

    アリス「え?」

    チェシャ猫「こっち。あっち。こっちかな。どっちかな?」
    <楽しそうな声>

    アリス「……誰、なの?」

    チェシャ猫「僕? 僕はチェシャ猫。よろしく、ね」
    『ね、という言葉と同時に木からチェシャ猫が下りる』
    【着地音】

    アリス「何!?」

    チェシャ猫「君は?」

    <数秒 間を空ける>

    チェシャ猫「人に名前を聞くだけ聞いてあとはだんまり? それは失礼なんじゃないかなぁ」

    アリス「あ……えっと、私はあいり。よ、よろしくね、チェシャ猫?」

    チェシャ猫「ふーん……んん?」

    【一歩下がる音(アリスとチェシャ猫二回分)】

    チェシャ猫「は、いやいやいや。嘘でしょ? まさか、そんなわけ。でも、水色の」

    アリス「チェシャ猫?」

    チェシャ猫「聞いてないよそんなこと。ああ! 僕は面倒事は嫌いだっていうのに」
    <最後の方だんだん小さく>

    アリス「……そうだ、白兎を探しているの。知らない? 時計を持っている不思議な兎」

    チェシャ猫「どうして?」

    アリス「どうしてって、私はここまで白兎を追いかけてきたの。だから」

    チェシャ猫「やめといたら」

    チェシャ猫「白兎は女王の側近。女王はアリスが大嫌い。アリスが不思議の国に来ているって知られたら、殺されちゃうんじゃない?」
    <けだるけに>

    アリス「殺されるって、そんな」

    チェシャ猫「だから大人しく帰りなよ」

    アリス「じゃあどうやったら帰れるの?」

    チェシャ猫「さあ? そんなこと知らないよ。帽子屋にでも聞いてみれば?」

    アリス「帽子屋って誰のこと……って待って! チェシャ猫!」

    チェシャ猫「うるさいなぁ……。帽子屋の屋敷はあっちだよ」

    <数秒 無音>

    【歩く音】
    アリス「これが、帽子屋の屋敷? ……入って、いいのかな」
    【鉄門を2回ノックする音・鉄門が開く音・芝生を歩く音】

    -帽子屋の屋敷の庭(地面:芝生)-

    帽子屋「勝手に人の家に入るとは、ずいぶんと礼儀がなっていなようだな」

    アリス「あ、ごめんなさい。あなたが、帽子屋?」

    帽子屋「チェシャ猫か。……ああ、そうか。ふむ」
    <「チェシャ猫か。」は小声>

    アリス「えっと」

    帽子屋「ようこそアリス。不思議の国へ。残念ながら歓迎することはできなさそうだ」

    アリス「待って、私はアリスじゃない。チェシャ猫もそう言っていたけれど、私の名前はあいり。アリスじゃない」

    チェシャ猫「いーや、アリスだね。僕は間違ってなんかいないよ」
    <声は遠目に(木の上から声をかけている)>

    帽子屋「チェシャ猫、いつも言っているだろう。勝手に薔薇に触るんじゃない」

    チェシャ猫「ごめんね。あ、じゃあ触るね。あ、落ちちゃった。ごめんね帽子屋」

    帽子屋「私はそこからお前を叩き落としてもいいんだ」

    チェシャ猫「いつも言ってるじゃないか。冗談だよ。ねえ、アリス?」
    【着地音】

    アリス「え?」

    チェシャ猫「アリスは帽子屋にお願いがあって来たんでしょう?」

    アリス「……白兎を探しているの。知らない?」

    帽子屋「白兎は知っている」

    アリス「じゃあ」

    帽子屋「だがあいつが今どこにいるかは知らない」

    チェシャ猫「白兎はこの国に戻ってきた。だからアリスがいるんだよ」

    帽子屋「ああ、わかっている」

    アリス「チェシャ猫には帰った方がいいって言われた。だから帰り道も探しているの。あなたは帰る方法を知らない?」

    帽子屋「私の帰る場所はここだ。アリスの帰る場所など知らない。けど、チェシャ猫が、そうか」

    チェシャ猫「ちょっと帽子屋。何考えてるのさ」

    帽子屋「私のお茶会へ招待しよう、アリス」
    <優しく、微笑みかける>

    ver.6 / 6

    注意事項
    ・表記はあいりではなくアリス(わかりやすいように)
    ・誰が話しているのかわかるように「 」の前に名前を表記



    何かあれば遠慮なく。

    ライセンス:

    投稿日時:2016/08/01 12:41:31

    閲覧数:284

    カテゴリ:小説[編集]

    作品へのコメント2

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
    • userIcon

      ご意見・感想

      投稿ありがとうございます。
      音の配置の話になりますが、アリスを真ん中の手前に置く。チェシャ猫は少し奥で左右に動かすと雰囲気出ると思います。
      チェシャ猫の効果音は「シュワ~」みたいな感じですかね(笑)
      一度このシーンのデモ曲を上げてみます。

      お願いなのですが、各シーンの背景を表記していただきたいです。
      森、町、室内ならばどのような所なのか、地面の材質などなど。

      2016/07/28 08:40:21 From  総合司令官

    • userIcon

      メッセージのお返し

      確認ありがとうございます。

      音系はあんまり詳しくないのでお任せします!

      各シーンの背景了解しました!

      2016/07/28 12:05:51 綾呑

    • userIcon

      ご意見・感想

      投稿ありがとうございます!
      書き方的にはいい感じだと思います。
      ただ、個人的に演じ方の指示が『』だとちょっと見にくい感じがして…『』は台詞中でも出てくることが合ったりしますし(「」内でまた「」を使いたい場合や作品名を表すときなど)、別の記号の方がいいかなと思うのですが
      どうでしょうか?


      あと、

      【一歩下がる音(アリスとチェシャ猫二回分)】
      ⇒ここは、アリスが下がりチェシャ猫は近づく音ということでしょうか?

      アリス「帽子屋って誰のこと……って待って! チェシャ猫!」
      ⇒ここは、「待って!」の前(「……」あたり)にチェシャ猫が去りかける足音が入る感じでしょうか?


      ご確認よろしくお願いします!

      2016/07/27 22:29:15 From  美翔安もか

    • userIcon

      メッセージのお返し

      確認ありがとうございます。

      『』修正します!


      【一歩下がる音】はその解釈で合っています。
      順番を言うのならば、チェシャ猫が詰め寄り、それに反応してアリスが下がるという順です。

      「帽子屋って誰のこと……って待って!」の「……」は、チェシャ猫が消えてしまいます。姿を消すということですので、走り去りはしません。
      この場合、どのような音なのかわからないので無音としました。
      最後のチェシャ猫の声は何もないところ(天の声的な)から、ということにしてください。

      2016/07/27 23:32:30 綾呑

    ブクマ
    この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
      • 第2章 デモ

        by ボイスドラマを作ろう!

      ▲TOP