鈴木怜 -Rei Suzuki-さん作品一覧

そこらのよくいる人です。
普段はカクヨムなどに生息しています。
多分作詞します。
作詞名義:Rei Suzuki

Twitter(書いたものは基本ここにリンクを貼っています)
http://twitter.com/Day_of_Pleasure
ピアプロは本格的に活動するようになったら貼る……かな?

なお初心者なので色々不手際があるかと思います。ご了承ください。

もっと見る

    鈴木怜 -Rei Suzuki-さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    Seventh Heaven

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    [A]

    理想と現実の間で 悩んでてもダメさ
    上手くいかないことなど 山ほどあるのだから

    [B]

    自分のことは分かってるだろ 自分でも
    いい加減に 覚悟を決めないか

    [サビ]

    詰め込んで行こう セブンスヘブン
    無くしたくない ものを鞄に
    目指しませんか セブンスヘブン
    閉じ籠っていた 殻を破って
    出て行けばいい
    それだけでいい

    [A2]

    何も難しいことを 言っているワケじゃない
    自分にほんの少しだけ 正直になって欲しいんだ

    [B2]

    現実を一度忘れて理想を 追いかけよう
    結果なら 自ずとついて 来るはず

    [サビ2]

    逃げてるだけじゃ 何も変わらない
    そんなことはもう 分かってるだろう
    目指しませんか セブンスヘブン
    閉じ込めた思い さらけ出したら
    答えはそこに
    見えてるだろう

    [サビ3]

    笑う奴には 笑わせておけ
    他人は他人だと 割りきればいい
    目指しませんか セブンスヘブン
    一度のミスで 諦めないで
    詰め込んで行こう セブンスヘブン
    無くしたくない ものを鞄に
    目指しませんか セブンスヘブン
    閉じ籠っていた 殻を破って
    出て行けばいい
    それだけでいい


    (以下は読みです)

    [A]

    りそうとげんじつのはざまで なやんでてもだめさ
    うまくいかないことなど やまほどあるのだから

    [B]

    じぶんのことはわかってるだろ じぶんでも
    いいかげんに かくごをきめないか

    [サビ]

    つめこんでいこう せぶんすへぶん
    なくしたくない ものをかばんに
    めざしませんか せぶんすへぶん
    とじこもっていた からをやぶって
    でていけばいい
    それだけでいい

    [A2]

    なにもむずかしいことを いっているわけじゃない
    じぶんにほんのすこしだけ しょうじきになってほしいんだ

    [B2]

    げんじつをいちどわすれてりそうを おいかけよう
    けっかなら おのずとついてくるはず

    [サビ2]

    にげてるだけじゃ なにもかわらない
    そんなことはもう わかってるだろう
    めざしませんか せぶんすへぶん
    とじこめたおもい さらけだしたら
    こたえはそこに
    みえてるだろう

    [サビ3]

    わらうやつには わらわせておけ
    ひとはひとだと わりきればいい
    めざしませんか せぶんすへぶん
    いちどのみすで あきらめないで
    つめこんでいこう せぶんすへぶん
    なくしたくない ものをかばんに
    めざしませんか せぶんすへぶん
    とじこもっていた からをやぶって
    でていけばいい
    それだけでいい

    ver.2 / 2

    Yonetさん(http://piapro.jp/link_hiiragi)
    のSeventh Heaven(http://piapro.jp/t/xpYy)に歌詞をつけてみました。
    5.19追記:誤字訂正しました。

    ライセンス:

    投稿日時:2017/05/19 17:36:00

    閲覧数:55

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        • 【初音ミクV4X】Seventh Heaven【オリジナル】

          by Yonetさん

        ▲TOP