KITEさん

イチオシ作品

初音ミク - Merry 歌詞

鈴の音が鳴るほうへ 破れた靴 赤い指 錨は落ちてもう動けない 頬に触れた冷たい雪に 氷河の底 沈んでいくように 少女は眠りに落ちた 暖炉へとくべた言葉 読み古した魔法の絵本 力尽きた壁時計 静かな部屋には無限の時間 どこへも行けない彼は 手を触れる誰かを願っていた Merry Christmas 知らないまま 生まれた祝福さえ きっと何も見えない夜に死んでいくような僕らだとしても 覚えきれない数の言葉 祈りを燈火にして またドアは開かれ目は醒めて 広漠の雪の上 二人は出会う 赤い鳥の夢を見た 鈴の音が咲いていた 手を取り歩く今だけは 忘れてしまおうぜ ねぇ話をきかせてよ 秘密が堰き止めてるなら 知らない事全て嬉しいんだ 涙さえ溶かしていく Merry Christmas 幼いまま 取り残されるまま きっと何も見えない夜に消えていくような二人だとしても 覚えきれない数の願い 呪いは火の中くべて またドアは開かれ目は醒めて 広漠の雪の上 話をしよう ねぇ話をきかせてよ 迷いが堰き止めてるなら 寂しい事全て嬉しいんだ 孤独さえ溶かしていく 捧げた星が落ちるまで 絵本が灰になるまで さあ行こう!世界は息を止めた 握る熱 小さな手 Merry Christmas 知らないまま 生まれた祝福さえ きっと何も見えない夜に死んでいくような僕らだとしても 覚えきれない数の言葉 祈りを燈火にして またドアは開かれ目は醒めて 広漠の雪の上 二人は出会う 覚えきれない数の記憶 傷は灰雪の奥へ 心臓は今一つに 夜の先へ 広漠の雪の上 二人は笑った

投稿日時 : 2014/12/25 04:03

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP