風の子守唄

投稿日:2011/07/29 23:46:20 | 文字数:340文字 | 閲覧数:162 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

早春のイメージです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風の子守唄

指先かじかんだ 凍える空気ほころんで
和らいだ日差しに 膨らむ木の芽

もうじきあの記念樹 若葉の季節迎え
離れた町で君は どうしているかな

またね 笑ってた 
君は涙目で
ツンと痛みこらえて 吹き抜けた風の音



君と過ごした町 春が届いているかな
遠いこの町では 桜散ってた

新しい出逢いに わくわくしているけど
吹いてるみどりの風 君を思い出す

明日届くかな 君からの手紙
ポスト覗いてるけど こだます風の音



思い浮かぶ ノートの隅に描いた落書き
君の文字はいつでも 右肩上がりで

電話かけようかな 
少しためらうよ
君の声聞いてたら きっと逢いたくなる

遠い 風の音 
耳澄ましてみる
声が聞こえてくるよ
笑ってた 呼んでいるよ
風の子守唄

はじめまして。
蓮-hasu-と申します。
まったりと歌詞を書いています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP