音無キョーヤさん

音無キョーヤさん

k_nosoundcreater

歌詞を投稿しています。

twitter
https://twitter.com/otonashi_kyoya

もっと見る

依頼受付中

作詞します。曲募集中です!

最終更新日時:2019/09/10 23:26:04

フォロー(4)

  • ぷす
  • 鬱P
  • ちいたな
  • ゆっきー

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

Shiny Snow(仮)

吹きすさぶ風は頬を痛くして ちょっと泣いちゃって 少し暗い空を見上げて呟いた 「晴れちゃえばいいのにな」 さびしくなってスマホ開けども 着信ゼロで溜息吐き出し ポッケに入れたカイロは とうに冷え切ってても かじかんだ指先はぬくもりを探す ふと見上げるとお星さまが お空を照らしてた エモいなって思った それってどんなん? わっかんないけどなんかうれしくて ミラー取り出しにらめっこ 瞳にほら、笑顔が見えた 息を吸い込んで 「私は大丈夫!」 町はそっと白いベールに覆われていく 降り注ぐ白無垢の妖精さん 言っちゃえばこの星のささやかな 奇跡と呼べちゃうかもね 幻のように解けて消える 悲しみのsnowが しゃんしゃんshine やさしく照らして ゆるりと解けた さあ、また明日を駆け出していこう 赤服サンタがケーキを売ってた いつもの木々には飾りがついてる すれ違う人はいつもより足早だ まあ僕はいつも通りだけどさ もどかしさに腕の時計を見た 長い針は2歩しか進んでなくて こつこつと叩いてみた 「なかなか鈍感なようですね」 ・・・なにしてんだろな ふと見上げると星々が 夜空を照らしてた きれいなんだろうな あれが噂のベテルギウスか? 教科書知識引っ張り出し しばし脳内ワークにふけこんで いつの間にかいい時間だ おもむろに立ち上がって 「さて、行こうかな」 町はそっと白いベールに覆われていく 降り注ぐ無数の結晶たち 四季折々が紡ぐ物語は この惑星の奇跡なんて呼ばれるのかな 空に舞う無数のsnowはshining 閉じた瞼の裏 キラキラとしてた 閑話休題 腕時計チェック 「意外と早く着いたな」 世界はそっと白いベールに覆われていく 十人十色なこの世界 60+何億かの船員が 上を見上げて思い思いの 感動or感傷にひたっている 生まれた星の元のshining それぞれがまったく違うけれど snowの色はみな同じなんだ 当たり前のことなんだけど つながってる奇跡だよね

■歌詞初投稿です。稚拙ではございますが、何卒よろしくお願いします。

 <歌詞応募作品です>

応募先:https://piapro.jp/t/QjGk

「雪に相対したとき、君は何を思う?」

■閲覧回数100回ありがとうございます!初めての作品をこんなにも見て頂いてうれしいです^^

■追記:歌詞の一部を修正しました(×ベガ➡○ベテルギウス)

もっとみる

投稿日時 : 2019/08/31 23:38

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP