サクマPさん

サクマPさん

morinaga0615

(プロフィールはありません)

依頼受付中

作曲、イラスト、動画編集のご依頼を受け付けております。
(投稿作品の作曲、動画はすべて自分で制作していますのご参考ください)

最終更新日時:2019/05/16 17:36:30

ピアプロバッジ

フォロワー(2)

  • 青海 明空
  • Ashruse

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

サクマです。

1本の大きな木と、1人の小さな少女のお話しです。

【YouTube】→ https://youtu.be/_twnaVqFcgo

曲/絵:サクマ(twitter→@morinaga0615)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<歌詞>
街が遠くに見える丘の上で
長くはない時間を共に過ごしたね
小さな掌にそっと花を咲かそう
眠る君の将来に 鮮やかな色を

白く染まっていく
視界の中で見つけた
せめて今はまだ
君の声を響かせて

陽のあたる場所で
生きていけたらよかったね
見上げた空は 今にも泣き出しそうだ
このまま二人で
雨に溶けてしまえたら
傘を持たない君が笑っていた

何を嘆き 誰を責めたらよかったのか
形だけの手向けに 答えはないよな
「世界が終わる最期の日もそばにいてね」
たった一つ ボクにも出来る約束だ

いつか聞かせてくれた 童話の勇者みたいに
君の手 掴めたら なんて
もう独り言だね

陽の当たる場所で生まれたはずの僕らは
間違いだって 何一つないと知って
望まない明日に 手を伸ばすフリしていたら
救いのない運命も 変わる気がした

陽の当たらない場所で
僕を見つけてくれたね
見上げた夜空 輝く星が笑った気がした
いつか二人で手を繋いで歩けたら
傘を持たずに 旅をしよう
どこまでも

街が遠くに見える丘の上で
長くはない時間を共に過ごしたね
小さな掌にそっと花を咲かそう
眠る君の将来に 鮮やかな色を
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっとみる

投稿日時 : 2019/06/15 11:29
▲TOP