亞莉紗さん

アメブロでは職人活動、WOXとFC2では小説、ヤプログではブロガー、こくばん.inでは無名のイラストレーターと、いろいろな分野にてをつけています!

亞莉紗さん

亞莉紗さん

nth824

アメブロでは職人活動、WOXとFC2では小説、ヤプログではブロガー、こくばん.inでは無名のイラストレーターと、いろいろな分野にてをつけています!
誰でも仲良くしてやってください♪

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(2)

  • アカシ
  • もにゃ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

初音ミクと篠山慎二。 第一話

初音ミク。 世界中で活躍する、いわば歌姫のような存在。 ・・・最も、自分では自覚はないらしいのだが。 毎日ハードスケジュールで、全てを投げ出しそうになってしまいそうな時もある。 そんな時、そっと受け止めてくれるのが今のマスター。 「篠山慎二、っていうんだ。よろしくな、ミク」 初めて出会ったとき、心を閉ざしていたミクに優しく手を差し伸べてくれた。 その手のぬくもりを、忘れたこと等一度もない。 「はぁ、やっと終わった!」 ミクは仰向けにソファーに寝っ転がる。 帰宅してから、倒れこむようにして仰向けに寝っ転がるのがミクの習慣だ。 ソファーが一番心地いいと気づいてから早2年間、毎日このようにして寝っ転がっている。 今年は3939年。 今から考えれば、果てしない未来の事だ。 ミクの人気は、3039年に突然急上昇、以来一度も人気が下がったことなどない。 むしろ、年々上昇しているくらいだ。 「ミク、今日もお疲れ。はい、ホットココア」 慎二はカップにココアを注ぎ、ミクに手渡した。 「ありがとう、マスター」 ミクは慎二からカップを受け取り、両手で持ち上げると女の子らしくコクコクと飲む。 「なぁ、ミク。」 「何、マスター?」 「僕たちの約束、覚えてる?」 慎二はさみしげな、無理な笑顔を浮かべていた。 「もちろん!私たちが一緒に暮らし始めてから5年目に、私がマスターに何かするって約束でしょ?」 「ああ、うんそれ。もう、4年目だなぁ、と思ってさ」 「もうすぐ、だね。」 慎二はカップを片付けて、食器洗いを開始する。 「嫌だったらいいんだけど」 「まさか!そもそも、嫌だったら約束するときに一生懸命になって断るよ!」 ミクの必死な訴えに、慎二はニコッと笑って 「そうだといいけど」 としか答えなかった。 ミクは真っ赤になりながらテレビを見ていた。 「あっ、マスター?」 「何?ミク」 「今日、KAITOお兄ちゃんが司会の、『かいと☆らんど』の日じゃない?」 マスターは天井を見つめ、 「そうだった!」 と慌ただしく録画ボタンをおした。 ギリギリ開始時刻の10分前だったようだ。 「ありがと、ミク」 「ううん、別に。お兄ちゃんの失敗っぷり、見逃すわけにはいかないもんね」 そんな他愛ない話をしながら、この日の夜はあけた━━━━

楽しい物語・・・だと思います!
投稿日時 : 2012/07/21 08:07

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP