夏乙さん

夏乙さん

soranotizu

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

フォロー(12)

  • 囮 
  • 何色
  • shi-nya
  • ダリ【ROM専アカ】
  • たま 
  • リオン
  • 由杞
  • こみね
  • そらと
  • 依存(使用の方はまずプロフィールを読んでね)
  • さく
  • ゴロー

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

初恋ドロップ

「あー、雨ー…」  授業の終わりぐらいに雲行きが怪しくなり、授業が終わった頃には降っていた。  今日降らないって言ったのに。  窓を少し開けて、左腕を窓から出し雨粒をつかむように手を握る。  その掴んだ雨を隣で寝ている緑に向かって、顔にピッピッとつけてやった。  やや反応が遅れて、机に突っ伏していた顔を上げた。 「冷って」  変な日本語を使いながら私の顔をじーっと見てくるので、  目覚ましの代わり~、と言ったら、  悪趣味め、と返されまた机に突っ伏した。  だって仕方ないんだよ、嘘つかれたら誰だって嫌になるんだよ。 「天気予報の嘘吐きー」  灰色の雲に向かって、呟いた。  初恋ドロップ 「バイバーイ」 「また明日ねー」  次々と色を咲かせて帰っていく同級生たちを、苦笑いで送りだし、ため息をつく。  天気予報が嘘を吐くから、傘なんてもの持ってきていない。 「あー、どうしよう~」  超能力なんてものは使えないので、雨は止まないから、帰る方法を考える。  立っていると疲れるから、靴箱を背もたれに腰を下ろした。  体操服を頭にかけて走って帰るか、カバンを頭にのせて走るか、  ゴミ袋のデカいやつをカッパの代わりにするかー…。  最悪最後のは絶対に避けたい。  どっちにしろ走って帰らなきゃなぁ…。 「何してんの」  後ろから突然聞きなれた声がして、肩を震わす。  振り向くと幼馴染のグミヤががいた。 「考え事ー」  グミヤが靴を履いて私の顔を覗き込むと、悪戯っぽく笑う。 「どうせアレだろ、傘忘れたんだろ」 「…だって今日晴れって言ったんだよー」  唇を尖らせ、不貞腐れる。 「入れてやるから帰るぞ」  入れてやる、という言葉にくらいつき、のろのろと立ち上がり、グミヤの隣に駆け寄る。 「缶ジュース一本な」 「えぇ!何で!」 「蒸し暑い」 「いいじゃんぐみや~ん」 「ぐみやん言うな、ぐみやんて」  すがりつくように服の裾を掴んで揺さぶるが、全然動じない。  つまらない緑だ。  飴を食べ終えたのか、鞄から飴の袋を取り出し、  袋を破いて開けて中から飴を選ぶかと思うと、こちらをじーっと見てきた。 「何?」 「手、」  ?  手を出せということか、2つの手をグミヤの前に出す。  すると、グミヤがいちにぃさんし、と私の手の中に飴を置いていった。 「14、15、じゅーろーく…、よし」 「ぐみやん、私こんなに食べれないよ?」 「食べろ」  えぇぇ~と思いつつ袋を開け食べ始める。  グリーンアップルはやっぱり美味しい。 「……お前自分でも気づかないのか」 「ん?何がー?」  口の中でコロコロと飴玉を転がしながらグミヤの顔を見る。 「お前誕生日だろ」    一時停止した。  飴が落ちそうになった。  え、誕生日?  うー、ん?  あ…、あぁあぁぁぁぁあぁ! 「う、ん、誕生日!誕生日だよ!!」 「お前なあー」  えへへと頭をかきながら笑うと、手の中から飴がボロボロと零れ落ちた。 「わ、おっとっと」 「たっく…」 「ごめんぐみやんー」  丁度雨が止んだけれど水溜りに飴が落ちた。    全部2人で拾い上げ、水でぬれた所をスカートの裾で拭う。  グミヤがその横で私の飴の袋を開けて1つ口の中に頬張った。 「あー!それっ、それグリーンアップルでしょ!?」  わーっとグミヤに向かってぎゃあぎゃあ叫ぶ。  前に出て服を掴んでまた激しく揺さぶる。 「何で食べちゃうのー!?私好きな…」    私の言葉が途中で遮られた。    グミヤが前かがみになって、前の景色が分からなくなった。  傘は道路に落ち、太陽の日差しが眩しくて目を閉じる。  私とグミヤの影が重なった。  グリーンアップルの味と認識する頃には、  道はオレンジ色に照らされ、グミヤもさっきの位置に戻っていた。 「やるよ」  傘をたたみながら、前を向いたまま言った。  だから、どんな表情をしたのか分からない。 「誕生日、おめでとう」  でも、私の表情は分かった。  きっと、熟した林檎より真っ赤で、笑っていたと思う。  変な顔だったかもしれない。 「…っ、た、食べかけだよ!」  ううん。  いいんだ、そんなの気にしないから。  あったかくて、  心がくすぐったくなった。  初めての気持ちは、君からもらった贈り物。



すっごく遅れたけど、お誕生日おめでとう!
今日という言葉を入れなかったのはそのせいです。

初投稿が、こんな…、駄文ですみません。

グミヤがあげた飴はグミの年の数です´`*


もっとみる

投稿日時 : 2011/09/12 18:47

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP