月下美人

投稿日:2015/09/19 07:44:57 | 文字数:424文字 | 閲覧数:129 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

結月ゆかりの集い様(作曲http://piapro.jp/hane_n様) のhttp://piapro.jp/t/bNExへの応募です。

時代は戦国~幕末です。愛する人が自分を護るために戦いに行ってしまいます。
女の人を夜にだけ咲く月下美人と重ねています。
和ロックをイメージしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
高く登る新月に 泡沫の時を重ね 妖星に身を委ね 瞼を閉じた 月下美人

涙枯れても叶わぬ 待つ宵あけて残るは 頬で乾いた涙と 心に募る切なさ
サビ
月夜に咲いた 1輪の花 待ち焦がれ 夜露に濡れては

夜もすがら想う 待てども来ぬ人を 諦めつかず 孤独に

夢かウツツか 最早わからずに 雨も雪も風も 1人で

貴方に焦がれ 咲く月下美人 悲の私は 今宵も咲く
A
背中をむけて 遠くなる 肌寒くなりはじめた あの夜は月夜だった

優しく抱いた 最後の あの体温が ずっと 忘れられなく また泣く 護るためだと 告げても
サビ
刀をふって 傷つく貴方を 想うことの方が苦しい

寄り添いたかった 手を取り合いたかった 傷も一緒に 受けたかった

私のために 貴方は傷つく 涙していること 知らずに

月下美人は 貴方を焦がれて 今宵も泣く泣く貴方を待つ

しがない絵描きです

Twitterはこちら→@hnmymgmg

【お知らせ】作詞担当のリノは独立いたしました⇒http://piapro.jp/eighteenbeamrino

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP