やさしい季節

投稿日:2015/07/21 14:14:17 | 文字数:409文字 | 閲覧数:415 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真面目なきみの横顔
いつから好きだったのかな
陽だまり香る窓辺に
ふたり並んでみたくて

花びらが舞い踊れば
心さえ染められていく
こんなにも高鳴る胸
いま、しあわせです。

話し掛けたい
きみはなにが好きなのかな
どんなときに笑うの?
もっと知りたい
欲張りでもそれでも良いよ
きみのそばにいきたい

当たり前の毎日が
少しずつ変わっていくの
まだ、伝えられないけど
少しだけ近づけたの

でもきみの視線の先
いつだってあの娘がいる
切なくて苦しくなる
…わたしじゃ駄目なの?

気付いていたの
きっと叶わない恋だって
捨てるのは悲しくて
気付いて欲しい
触れなくても、届かなくても、ずっときみが好きだった。

花びらが散るとともに、この恋にさよならしよう
涙ひとつ流れたら、ほら、前を向いて。

やさしい季節
きみがくれた幸せを
数えながら過ぎていく
ねぇまたいつか
出逢えたなら素敵ね、って
遠いきみへ手を振った

ご利用の際は事前報告でお願い致します。
遅筆なためお待たせすることも多々ありますが仲良くしてください(。ノωノ)

Twitter:http://twitter.com/nao_317

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP