造花の心

投稿日:2016/02/23 20:28:34 | 文字数:706文字 | 閲覧数:13 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

いずれ全てが偽物だと気づかれてしまおうとも―――

また、お久しぶりに。
ずーっと前からタイトルだけ考えていたもの。
今の技術とかはすごくて造花でもすごく綺麗な花束とか販売していますよね。
枯れるからこそその儚さが美しいという人も
咲き続ける永遠が美しいという人も
それぞれが誰かのために何かを選ぶということは、とても素敵なことだなあと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

終わりを映し出した鏡
最期はいずれ最初に戻る
はじめまして さようなら
叶うならすべて 造花にしてしまいたい

滲んだ目の端
傷みだしたのは 抱いた心か 砕いた心か
偽物 置き去り 適当な相槌で
又 誰かを殺すのでしょう

※そう 意味なんて 最初からなかった
わけ 分かんないって そりゃそうだよ
もう 嘘なんて 無意味なくらい
同じ音と文字を重ねただけの 道楽さ

もう 声なんて 聞こえてこない
いや 誰かをまだ 指さしている?
そう いつだって 君は笑う
枯れない花 造り物を塗り固めて 今日もさ


終わりを語りだした 林檎
赤色はやがて黒に濁る
はじめから つづきから
願うならすべて 心の箱に仕舞いたい

潤んだ指先
重なっていたのは 男の性<さが>か 女の性<せい>か
行き先 不確定 天秤は憐憫に
又 誰かを愛すのでしょう

※そう 意味なんて 最初からなかった
わけ 分かんないって そりゃそうだよ
もう 嘘なんて 無意味なくらい
同じ音と文字を重ねただけの 道楽さ

もう 声なんて 聞こえてこない
いや 誰かをまだ 指さしている?
そう いつだって 君は笑う
枯れない花 造り物を塗り固めて 明日もさ


色とりどりの花たちは 今も蜜を探してる
偽物に 気づかぬのなら
早く水を 注いで 満たして


※そう 意味なんて 最初からなかった
わけ 分かんないって そりゃそうだよ
もう 嘘なんて 無意味なくらい
同じ音と文字を重ねただけの 道楽さ

もう 声なんて 聞こえない
いや 誰かをまた 指さしている
そう いつだって 君は笑う
枯れない花 造り物を塗り固めて 今日もさ
いつまでも

頭の中に音楽はあるんだけどまったくの初心者で作曲ができない、ハニーラビットです。
いちよう名前にもいろんな想いがふくまれてたり…。

歌詞を作るのが大好きです^^
ふとしたときに思いついた言葉などをつらつらと書いております。
作る曲に恋愛ものと失恋ものが多くなってしまいがちです…
いつかは曲になってほしいなぁ…なんて叶わぬ夢を見るただのうさぎです。

追記
季節おくれさんに曲をつけていただきました!
「my only one darling!」です。
可愛い歌なのでよろしければ聞いてみてください^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP