朧月夜 、春嵐

投稿日:2013/04/18 15:18:55 | 文字数:839文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

パピ子りん様の 4/20迄【歌詞募集】 テーマは「桜」 【和風ドラムンベース】より曲をお借りました。
http://piapro.jp/t/qh0W
タイトルはそのまま「おぼろづきよ、しゅんらん」と読みます。

モチーフは源氏物語の「朧月夜」ですが、それより若干しおらしい主人公にしました。
歌詞の内容をまとめると
“叶うとも叶えようとも思わない、散る間際の恋心”
“一夜限りの逢瀬”という感じ。

歌詞の変更等ご指摘・ご要望がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<A1>
君 いとしく想えば            2 8 
今宵の宴に あゝ 惑うた(まどうた)花びら 8 2 8

そう 抑えきれぬ恋            2 8
溺れる定めの ただ 一夜(ひとよ)限り  8 2 6

<B1>
忍んでゆくなら春の夜 喧騒に紛れて    12 9 
滑り落ちるなら袂(たもと)へ 私は儚い月の破片 12 14  

桜がはらはら嵐は 朧月夜の恋文      12 11 
まとわりついた花びらを 今だけ見てほしい 12 9 

<A2>
君 さみしく泣くのは           2 8
叶わぬ想いに あゝ 囚われたためか    8 2 8
さあ 唇閉ざして             2 8 
切ない過去さえ 今 風が流す       8 2 6

<サビ1>
桜吹雪 月夜は 花霞(はながすみ)    6 4 5 
二度と 舞うことなく水の底        3 11
朝が来れば 私も 消えるから       6 4 5
春の 幻だと憐れんで           3 11

* *

<B3>
水面(みなも)に広がる波紋は 桜色の恋模様 12 11
君に恋をして溺れた 朧月夜         12 6

<B4>
君の罪の中で生きる ごめんなんて無しよ   12 9
隣で微笑む私は 一世一代素敵な私(ひと)  12 14

花は薄衣 傷なら いずれついてしまうから  12 11 
狡く優しさに縋って 一思い壊して      12 9

桜がはらはら嵐が 君を愛した故なら     12 11    
実など結ぶなよ桜よ 夜桜 恋の花      12 4 5

<サビ2>
さようなら なんて 言わないで       5 3 5       
けして 忘れぬほど傷つけて         3 11
朝が来れば 私は 消えるけど        6 4 5
命 散るときまで覚えてて          3 11

ちまちま作詞!
インディゴといいます。
普段は古い洋楽をメインに、JAZZ、ラテンなどを聴いています。

どなたかのお目にとまればウヒョーの極み。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP