ラストバレット。3-6

投稿日:2014/08/13 00:20:32 | 文字数:2,080文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「はぁっ……はぁ……」

息も絶え絶えに、私は街の中を走り抜ける。夜なのに、気温が高い。
日中にたまった太陽の熱が逃げきれず、町の中を覆っているからだ。
おかげで街中はひどい熱帯夜と化し、その熱で私の体はすぐに汗で湿っていく。
おまけに喉も渇く、息も切れる。だがそれでも足は止まらない。止められない。
ホントならタクシーを使いたかった。あいつの言ったことなんて律儀に守るつもりもないけれど、人質がいる以上、破れば何があるかわからない。

それに私の周りには見張り役が常についているのだ。もとより不穏な動きなんてできない。
私は見張られながら生きている。多分私と彼が一緒にいるときも、見張られていたのだろう。
でもあの時はまだよかった。距離を縮めるためという名目があったから、そばにいられた。
しかしいざ殺すとなったとき、私はそれができなかった。チャンスはたっぷりあったのに。
彼に抱きしめられるまま、何もできなかった。
それで不審に思った見張り役が、彼女に情報提供してしまったのだろう。
だからきっと海人は……。

「はぁっ……!」

大地を強く踏みしめるたびに、嫌な予感は増していく。

『お前にいいこと教えてやるよ、いいこと』

あの時の声が聞こえる。鮮明なほどにくっきりと。
数年たっても、記憶は劣化されずに残っている証拠だ。

「いやっ!」

思わず頭を振り払ってその声を否定する。
じゃないと、耳について離れない気がしたから。
だが。

『撃ってみろよ……さぁ撃ってみろっ!!』

声はしぶとくこびりついて、離れない。
耳を刺すように、その声が叫ぶ。

「いやぁぁぁっ!!!」

その声に対抗するように、今度は思い切り叫んだ。
人の目なんて気にしてられなかった。気にする余裕なんてなかった。
そのことにばかり気がいっていて、足元を見る余裕もなかった。
何かにつまずいたのか、私は不意に前のめりに倒れる。

「つっ……」

膝から、じわりと血がにじんでくる。思い切り倒れてしまったからだろう。
受け身も何もとれず、その体は地面の衝撃をもろに受けていた。
立ち上がろうとすると、一瞬足がふらつく。幸い、骨は折れていないようだった。
まだなんとか、走れる。
痛む体に鞭を撃つように、再び私は走り出した。

目的の場所まではもう少し。全力で走ってあと四分か五分。
途中止まってしまったり休憩してしまえば、それ以上の時間がかかってしまう。
一秒でも早く、たどり着かなくてはいけない。
海人の顔が浮かんでは消え、浮かんでは消えていく。
今まで過ごしてきた海人。最初は確かに、ターゲットとして狙っていたはずだった。確かに殺すつもりだった。

だけど今はもう、殺したいなんて思ってない。むしろ逆だ。彼には生きていてほしい。
あわよくば……そんな彼と一緒に私も生きていたい。
あの夏祭りの日、彼は確かに私を認めるっていってくれた。他の誰が認めなくても、彼だけは認めてくれるって。
私の人生なんて生まれた時から詰んでいるけれど……もっと、もっと早くに海人と出会えていたのなら、こんな運命も少しは変わっていたのかな。今よりも、少しは幸せに生きられたのかな。
そう思うと、また涙が出そうになる。
でも、今はそんなこともできなかった。私はひたすら、走り続ける。
海人たちがいるその場所まで、あともう少しだった。


――。


「あれまぁ、これもう刺すとこねえですぜ」

悪趣味な笑いを含みながら、レンは言った。目の前には、縛り付けられた海人の姿。
そして彼につけられた、無数の刺し傷。そこからすべて、大量の血が流れ出ていた。

「おいおい、加減しろっていったろ」
「大丈夫ですよ。傷は浅いんで」
「浅いのか、これが」

血はなおも止まる気配がなく、海人はそのまま失血して死んでしまいそうだった。
腕に、足に、腹に、手。そのすべてから鮮血がどくどくと流れ出る。
普通に考えれば気を失ってしまいそうなほどのレベルだが、どうにか海人はまだ耐えているようだ。

「俺のナイフさばきには狂いがありやせんから、へへ。気絶するほど深くもなく、出血が止まるほど浅くももありゃーせん。ミリ単位で調節してんすよ、俺は」
「さすが」
「へへ、それほどでもねぇです」

ちなみに部屋はすでに彼の返り血で偉いことになっている。切り付けたレン自身も、もう筆舌しがたいくらいにひどい様になっていた。
そんな中で普通に二人とも会話するものだから、逆にこっちがおかしいんじゃないかと思ってしまうほどだった。

「ところで、8番目はまだですかい」
「もうそろそろつくんじゃね?まーさすがに十分じゃあ無理だったかもなぁ――――っと?」

嘲笑するように女が笑いかけた、その時。
バァン、と部屋の扉が開かれた。あまりに大きな音だったので、女もおもわずひるんでしまう。
扉を開けたのは……肩で息をするグミだった。

「はぁっ……はぁっ、か、海人……」
「うわさをすればなんとやら、ってやつだな」

女はほくそ笑んだ。

「星って綺麗だよね。私に、いつでも夢を見させてくれるんだ」

ストーリーを考えるのが好きです。いつかその話で、誰かの心を動かせたのなら。俺はもう幸せだ。


とある凡人の独白場(ツイッター) http://twitter.com/votoru

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP