Classic
Modern

テキスト作品

募集中の公式コラボ

  • 恐れられたミジンコ ab123sheepさん 2021/05/09
    14:25

    謎の大爆発を皮切りに世界中を包み込んだ異常気象。
    阿鼻叫喚と混乱が渦巻く中、人類の前に姿を現すは6人のベテランと1人の新参者で構成された、天地創造を司る神々であった。
    「今から皆さんにはデスゲームをしてもらいます」

  • ドライフラワーの花言葉 海霧さん 2021/04/25
    16:59

    ドライフラワーの花言葉
    著者:海霧
    君を嫌いになることで、僕が救われるのならば、それでも構わない。

  • 詩人の花 appyさん 2021/04/24
    19:00

    詩人の花
    花火みたいに消えていく
    君のこころを書いた詩

  • 新泉組!〜現代〜 第三話 捜査開始 LASHAさん 2021/04/21
    15:09

    そして次の日。
    珍しく早朝に目が覚めた九。というより目を覚まさなければならない理由がそこにあった。
    九は、屯所の隅にある部屋の襖を開ける。そこにかかっている札には「新泉組 監察」と書かれている。

  • 新泉組!〜現代〜 第二話 始まり LASHAさん 2021/04/21
    15:11

    それは遠く遠い昔の話。
    世界を支配する神々がいました。
    神々は四神と呼ばれていました。

  • 新泉組!〜現代〜第一話 プロローグ LASHAさん 2021/04/20
    16:53

    この度は本作品に興味を持っていただきありがとうございます。
    この作品は、神々を守るために結成された「新泉組」のメンバー、少年少女の日常ストーリー。
    作品を読んでいただく前に、本作品に登場する主要人物についてご紹介します。

  • 四月の僕らは嘘が吐けない カードの井戸さん 2021/04/16
    18:40

    [chapter:8エピローグ]
    [[rb:入沢 > いりさわ]] 健が突然飛び出して、車に轢かれそうな僕を助けたのは、五月下旬のことだった。奴ら、とうとう僕まで狙い出したらしい。
    「助かったよ、ありがとう」

  • 青の歌姫 1話 おはよう lefthorseさん 2021/04/14
    21:48

    コンタクト。
    「……ぁ」「さあ、起きて」
    うっすらと瞼を開き、眠りを覚ました人の姿を認識する。若い男性。白シャツに焦茶色の上着を羽織っている。緊張した面持ちが、ふっと和らいだ。日本語データベースを選択。

  • 【小説】コンビニの棺 雨子(あめこ)さん 2021/04/11
    23:49

    青い空の元に白くて大きなお城が建っている。
    木陰の下に死体が転がって居て、白い花の咲く草花の上に、美丈夫で素敵な王子様が静かに横たわっている。
    まるでその姿は眠っている様で。白い正装に身を包んだ私の王子様。私だけの。

  • 【小説】ういてる、ついてる。 雨子(あめこ)さん 2021/04/11
    23:43

    浮いてるし、憑いてる。
    俺が。この女に。今からだ。なのにこの女は全く動じない。何故だ。自分のナナメ上に浮いてる俺を、にこにこと見上げている。
    当たり前だが俺は人間じゃない。名はクピド。この世界の人間にもよく通っている名で言うと、恋のキューピッド。守護すると決めた人間の恋を成就させる性質がある。仕事でも趣味でも無く、そう言う存在なのだ。これでも人間から見たら神の一人。

  • 【がくルカ】Future【1】 ゆるりーさん 2021/04/10
    23:58

    君はもういない。
    君はもう、私の前から姿を消してしまった。
    君が何処へ行ってしまったのか。

  • sss niwapakaさん 2021/04/07
    17:44

    sssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

  • 【たこルカ小説】吾輩はたこである あやせのさん 2021/04/04
    06:14

     吾輩(わがはい)はたこである。名前はご存じのとおり。
     気づいたら手術台の上にいた。後で聞いたらそれは手術台ではなく、まな板というのだそうだ。
     見知らぬ人間が吾輩の腕を抑えて、肩口に、貝殻ほどの薄さの、冷たそうな板を当てようとしている。

  • at 誰もいないセカイ。 利用日記 ボムP_お茶の間さん 2021/04/02
    23:42

    宵崎奏は深夜帯で作業をする。
    あ、こんにちは。お茶の間と申します。
    誰もいないセカイに来て早1ヶ月。

  • えこおず(SS) ゴンさん 2021/03/27
    16:17

    ――えこおず、えこおず、聞こえるか。
    ぼくはここだよ。ここにいるよ。
    えこおず、えこおず、もういいよ。

  • 【カイメイ】Plus memory【7】 ゆるりーさん 2021/03/27
    02:20

    友人につられてその空き教室に足を踏み入れたとき、浮かび上がった光景があった。
    出席番号が一つ違う彼女は、いつも前の席で笑顔で話しかけてきたんだ。
    ……その空き教室に入ったのは初めてなのに、なぜか茶髪の女の子の笑う姿が頭から離れない。

  • 【カイメイ中心合同誌】36枚目の楽譜に階名を【サンプル】 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 2021/03/22
    20:28

    *3/27 名古屋ボカストにて頒布する小説合同誌のサンプルです
    *前のバージョン(ver.) クリックで続きます
      1. 陽葵ちず  幸せだけが在る夜に

  • 【がくルカ】memory【31・終】 ゆるりーさん 2021/03/16
    02:14

    記憶の中の彼へ
    ----------
    『空き教室で待ってる』

  • I think. ボムP_お茶の間さん 2021/03/08
    22:51

    音を奏でる。
    私は音を奏でる。
    間違えないように、温めるように、

  • 貴方の夢 見てあげます。 夜空さん 2021/03/04
    19:22

    こんな暗い路地裏までようこそおいでました。此処は、貴方の夢を見るところ。
    簡単に言えば予言ですね。
    予言の代償は貴方の記憶。

  • 『やがて光に包まれる』【小説】 タカハシリュウヤさん 2021/03/01
    09:47

    「やがて光に包まれる」
    #0
     ソフィアは今夜も窓の外の闇に紛れて、自身を街に広がるネットワークに接続していた。その方法は幽体離脱のそれと似ていると感じた。

  • リパリィさん 2021/02/22
    07:05

    風が吹いていた。それは真冬にしては穏やかな風だった。ひんやりと冷たい割に吹き付けるような強さがなかった。長い石の階段を駆け上っていく私の火照った体には丁度良い。
    「今日の景色はどうかな」
    人気のない丘の上にある公園に、私より先に到着したカイトはそう言った。年明けからしばらく経ち、学校帰りに私達はいつもの丘に集まった。 授業も残り少なくなり、今日の授業は午前中で終わる。最近では週に何度か勉強の息抜きを兼ねて、学校帰りに2人でここに向かうのが私達のお決まりだった。

  • 犬耳十代くんより作文 君の歌詞を皆で動画にするよ【曲先作詞家きて】作曲以外の人来て 2021/02/18
    23:05

    ふわふわ長い尻尾に
    たれみみ可愛い犬
    ペットの愛犬です。

  • 月に跳ねる 短編小説を元に曲を作ってくれませんか? 2021/02/14
    17:17

     ああ、これは夢だな、となんとなく分かった。
     根拠はないが、不思議とそれは間違いないと思えた。妙に現実味がある夢だ、と冷静な頭で考える。
     柔らかな芝を踏みしめる感触も、初夏の夜の暖かい空気も、周囲から聞こえる虫の合唱も、さわさわと風に揺れる草の音も、何もかも現実と変わらない。

  • リアルな夢 まるちのさん 2021/02/13
    16:07

    2020/02/16
    【不思議な夢】
    去年私は不思議な夢を見た。夢なのに夢心地とは言えない夢だった。あの時の感情を忘れてはいけないと思い此処に記します。

  • 何か伝えようとしてる? まるちのさん 2021/02/13
    16:02

    2021/01/28
    この日は一晩で複数の夢を見た。
    前にあげた夢より少し物語性がありこれこそ夢って感じ。

  • 月に跳ねる 海月大和さん 2021/02/12
    11:56

     ああ、これは夢だな、となんとなく分かった。
     根拠はないが、不思議とそれは間違いないと思えた。妙に現実味がある夢だ、と冷静な頭で考える。
     柔らかな芝を踏みしめる感触も、初夏の夜の暖かい空気も、周囲から聞こえる虫の合唱も、さわさわと風に揺れる草の音も、何もかも現実と変わらない。

  • 愛好 雨夏冬-白紙 名尽さん 2021/02/08
    12:55

    愛好
    「好き」「愛している」なんて言葉を人に向ける資格なんてない。
    「誰にもそんな資格、必要ない。」

  • 「ある歌の物語」-Pane dhiriaに寄せる幻想(3)-終- sunasawaさん 2021/02/07
    22:36

    「ならば、歌うがよい。お前が私に差し出すべきだと思ったすべての『歌』を。お前の舞台はすでに整えられている」
     言葉を告げられた彼の耳に、何か美しく恐ろしい響きが聞こえた。
     自分を迎え入れる喜びの歌か、作り物の存在であることに満足せず、人間の代わりをしようとする彼を拒否せんとする威嚇のうなり声であったのか。それはわからない。

  • 「ある歌の物語」-Pane dhiriaに寄せる幻想(2) sunasawaさん 2021/02/07
    22:33

     少女の村にカイトが着いたのは、僧院を出て三週間後の昼頃のことだった。
     旅程としては四分の三が過ぎたあたりで、旅をしやすくなる場所に着くまでの最後の難所になるあたりだ。
     ただでさえ車も乗り物もほとんど使えぬ場所に、地震や雷、大雨などの災害が多発しているのだ。土地はすっかり荒れ果てている。

▲TOP