白銀の剣

投稿日:2014/07/26 19:41:32 | 文字数:394文字 | 閲覧数:68 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

白銀の剣の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月明かりに射抜かれて
石畳を駆ける
呪われて眠る貴女
必ず助けると

あの日現れたモノ
それは異形というべきか
家宝の剣を手に
俺はその後を追う

いつか聞いた 笑い声で顔を上げる
探し求めていた 呪いかけたモノ
赤く光る 瞳と口は違いなく
白銀の剣 手にとって近づいた


静寂が二人包む
ぬるい風が吹いた
どうすれば呪い解ける?
剣を向け 訊ねた

笑いながら答える
「このオレを倒してみろ」
白銀が輝いた
異形と距離を詰める

銀の剣 焼けるような音で刺さる
なおも笑う異形 どこか嬉しそうで
「これで終わる」 崩れ落ちて灰になった
背を向けて走る 貴女は目を覚ますのか


帰り道で気がつく
鏡に映らないことに
銀の剣手に取る
それは俺の手を焼いた

帰り着いて 貴女が家の前で立つ
遠くから見てた 異形の赤い目が
風が吹いて 貴女は庭に目を向ける
白銀の剣 それだけが刺さってた

曲作ったり、カバーしたりしています。
ボカロではがくぽ、リュウトが好き。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【メタルアレンジ】白銀の剣 【がくぽPOWER】

    by かろんさん

  • 白銀の剣

    by 若草さぶれさん

▲TOP