嗄念

投稿日:2017/08/11 00:42:58 | 文字数:527文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

さねん のロング版の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

素袷のひとり 岸翳の底
夕凪時になり濛濛のすがたが在る

乖離に枯山水 環状に夢芥

金碪のおと 外れ 腐り星
冷えた陽炎と熱を帯びた睡蓮木

熱にさえ惑う子
ふわふわぐらぐらりんららら

しあわせのいのち 裏の井戸の底
縢れず拡がる熱の穴に風が流る

一つ
厭離穢土に漂う
只漂いて

二つ
中天に註しひと
唯注視

あーあ 注ぎ流れた辺獄の夢


嗄れてなお 帰依てなお
闇闇に謳いてなお
霊妙の如き言の葉小止みなく繰り返す

星空に満ち足りた無意味と空虚 陽の光たち
長劫を転がりおちる全の子に差し伸べる手

細濁る中天の渦
もはや謳う事すら煩わしい




~いくつかの幕間~




両切り風貌纏い
耳無し指無し心無し
風下には落胆の庭


天上には
暈ね累 光芒色めきなく
揺り歌のように佇み 色褪せてなく

地の獄にて
暈ね累 光芒 色褪せて亡く


醒めてなお 迷いてなお
行き続けた界の淵
念経の如き無意味 囘り囘り生き晒す

何度でも繰り返す
解るまで繰り返す

のどよう声で嗄念をささやくように



死んでなお 生まれてなお
まだ続く芥夢

嗄れてなお 帰依てなお
闇闇に進む全の子

遠雷の聞こえる場所には
もはや誰の姿も見えず

あしおりか です。
VOCALOIDとか絵とかやってます。
歪みギターと民族楽器がすきです。
不思議なものがすきです。
よろしくお願いします。

https://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/56382894

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 初音ミク - 嗄念

    by アシオリカさん

▲TOP