非実在少年は眠らない

投稿日:2012/04/16 19:00:04 | 文字数:370文字 | 閲覧数:3,981 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


学校帰りの制服の少女は
相変わらず僕の視線を奪ってく
16時半のチャイムが鳴り響く
商店街の有害電飾に目が眩む

いつの間にか外れてた真っ赤なヘッドフォンの
片耳から流れ出した 数字の少女の唄

ハイカラ色に染まる空を 僕は何と名づけよう
「耳を劈く声の主」、それはテレキャスターでしょうか?

京急線は今宵も満員だろう
憂鬱な気分のシロップ飲み込んで

繰り返した白昼夢 生まれる疎外感
悪魔達は嘲笑う 19歳の僕を

君の名前は何ですか?どうしてここに来たんですか?
「赤く鋭い断末魔」、それもテレキャスターなのだ

天国はどこですか?

ハイカラ色に染まる空を 僕は何と名づけよう
「耳を劈く声の主」、それはテレキャスターでした
ヘッドフォン、真っ赤なヘッドフォン 今日は何を流すのだ?
ノイズは君を切り裂いて 僕は駅に飛び込んで

もっと見る

▲TOP