人体実験室、No.2162『左右非対称化、アシンメトリアライズにおける結果及び公述に基づいた非公式(一部容認)の機密報告書』

投稿日:2014/01/31 21:44:36 | 文字数:993文字 | 閲覧数:297 | カテゴリ:その他

ライセンス:

健常者と異常者のやり取りです

ちょっと難しいかもしれません、うふふ

なお、正式なタイトルは

人体実験室、被験者No.2162『左右非対称化、アシンメトリアライズにおける結果及び公述に基づいた非公式(一部容認)の機密報告書』

です☆

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人体実験室にて


規則的に健常を繕うサイコパスの群れを
僕は遥か彼方、極東の地で捕縛することになる


スタヴィアナ一等兵と異常者の会話


22時、速やかに消灯せよ


……………………。


貴様、聞こえないのか?
脳漿をぶちまけることハメになるぞ!


「箱に混沌」


混沌だと?いいから消灯を


-------孤独-------


君は此処にいる
勿論一人きり
また干渉できず
君を苦痛が襲う
手始めに左だ
左半分の摂理を曲げてしまう場合
君の持つ左という概念は消失し
あらゆる左が無に帰す
左脳、左目、左耳、左腕、左手、左足
左曲りの性器、左側にいる大切な人
左が求めるコントロールを今この瞬間より


断絶、開始


さあ、左がなくなった感覚はどうかな
割と違和感がないだろう?
君にはそんなもの必要ないさ
このまま右を奪い去ってしまいたいんだが
どうだろうか、否、やめておこう
右に詰まる君の血肉と思い出を
たっぷりと味わいたいんだよ、あはは
そういえば明日は雨、辛いね苦しいね痛むね
もがけばいいと思うよ存分にさ
だってそれが失われた左に対する礼儀ってものでしょう?
ところで知ってるかい?
僕がどうして右のみに生存権を与えたのかを。
知りたい?知りたいのかい?
なら「左のない私に左利きの鋏を下さい」と懇願してごらんよ?さあ早く?
もしどうしてもそれがほしいのなら
君にあげよう、私は慈悲深いんだよ
左の概念を失った君に敢えて左の生存論を
道具で、凶器で、その狂気で説くことが。
私には狂気として穢れ無き夢に染み渡ることだろう


これは必要悪だ
そして私の優越さ


彼は絶命する
歪んだパラダイスで
まさしく新世界へ結ばれるパラダイムシフト、その術だった
俺には夢はないが、僕には夢がある
私には支配できないが我には支配できる
机上では到底扱えない空論
基、狂論であると云う『異』を。


しかし私は気になっていた
確かに左は彼の中に存在しない
だが脈打つ鼓動が彼に喪失事実を認識させている


君の心臓は右かな?


さて…どう、か…な


成る程、完敗だ
サイコパスとは単なる精神異常者に過ぎないと実感し、大変嬉々である
そして、その喜びを共有したい


最後は何処だ
あは、あったよ
左寄りのストレート


た、たすけ


ぐちゃ


はい、お死舞い

どうも、ゆだと申します!

ぼちぼちボカロやCeVIOで曲を作っていくので

よろしかったら聴いて下さいね!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP