「月の夜、ある詩人が語った別れのうた」

投稿日:2010/06/14 02:03:18 | 文字数:663文字 | 閲覧数:160 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌わない詩人のうた。自分の創作の物語から作ったものです。

浮かんだメロディが吹っ飛んだ歌詞です…三拍子だったというぐらいしか…OTL
いまのところ戻ってくる気配はありませんが、ボカロで歌わせてみたいなあ、と思うのであぷしています(´ω`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

痛みを隠し続けた君に 僕が語れるのは
君に似た誰かの物語
許されてはいけないと 許してはいけないと
生き続けているだけの 誰かの


いつかどこか
夕陽に染まった場所で
誰かが誰かを失って
誰かが何かを失ったおはなし

『君の世界はどこにある?』
その意味に気付くだろうか
『君の世界は僕の隣に』
その意味は届くだろうか

夜の長さにおびえる君に 僕が語れるのは
眠らない誰かの物語
この右眼に隠したもの 隠せなかったもの
その名を呼ぶのなら 弱さだと


いつかどこか
雪の降らない場所で
誰かが誰かに奪われて
誰かが何かを諦めたおはなし

『僕の世界はどこだろう?』
その意味は届くだろうか
『僕は世界を見失った』
その意味に気付くだろうか

誰かのために涙する君に 僕が語れるのは
君を救わない誰かの物語
閉ざしたものは右眼と 彼自身の明日と
君に語るすべての 歌


その物語で彼が
時が止まったままの
日記を捨てられない理由(わけ)
あの日に泣けなかった
償いと ほんの少しの
…それは、後悔

言えなかったことば
今 音も無くつぶやく
『…    。』


閉ざされた誰かの右眼に ひかりをくれたのは
弱々しく差し出された そのてのひら
閉ざしたままでいいと 今だけを見ていた彼に
明日を示したのは

閉ざしていた誰かの心に ぬくもりをくれたのは
ほんとうの名を呼んだ 君のこころ
歌わない僕の詩で 君に伝えよう
僕が世界を終える前に

『ありがとう。どうか、笑って』

『…    。』

●ナゾトキまんがちょっと遅れ中…ごめんなさいー!(つд`)
ちょっと余裕が…あうあうあう

●たくさんメッセージありがとうございます。
お返し…もう少しお待たせしそうです…っうああんごめんなさいっ

●ナゾトキまんがとは別のことですが、ちょっと落ち込んでいたところにみなさんのメッセージ頂いて、浮上してきました。
まんが…がんばれそうっ がんばりますー!(´∀`)ノシシ



●鏡音のふたりの曲、「ナゾトキ」「ナゾカケ」解釈漫画更新中です(`・ω・´)
ご本家様の関連物語を先日読みまして、かけ離れていることに確信を得ました。すすすみません本当に…orz
この漫画はこれとして、描こうとしたものを変えなくて良いかなーとふっきれた部分もあります♪(´∀`)
投稿当初からネームはできていたので、漫画内容に影響はない…と思いますっ

●「鏡音verのナゾトキ、ナゾカケ」の解釈のひとつというつもりで、描いているつもりです。
曲解の極まりですので、悪寒・寒気がしたら急いで逃げてくださいー!
ご本家様の曲を楽しむひとつとして見ていただければとっても嬉しいですv



ブクマやタグ編集ありがとうございますーv(´∀`人)


こっそりぺたり。更新率は低めです(´・ω・`)
pixv   http://www.pixiv.net/member.php?id=389585

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP