worst aid

投稿日:2014/08/16 08:39:07 | 文字数:311文字 | 閲覧数:385 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

"若ければ 道行き知らじ 賄はせむ 黄泉の使い 負いて通らせ "  山上憶良



(この子はまだ幼いから きっとこの先の道など知らないことでしょう
 黄泉への使いよ 捧げ物なら差し上げます
 どうか どうかこの子を連れて行くならせめて
 負ぶっていってくれますよう)



では、訳:





well I find out empty hand
 you're gone alone , a step ahead
  all coins were paid for lonesome
   today is your 7th birthday



a animal could hear even revenant says
 we cry , lie , laugh like it's beside
  so walk down , just go
   I've piled off enough


never slip nor have hurts
you never wake up
so walk down
  just go



who said a winter is gone
I said the winter is gone?


so little ,
 too little to walk alone
  you lay with sixpence moon
   I wonder where you'll go
    a silver you have
     all sixpence I had
      never slip nor have hurts
       you never wake up
        so walk down
         just go



just go
 so walk down
  just go with it
   your 7th birthday

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

手を繋いでいた夢を見た
貴方は独りで先に行く
退屈を買って帰りましょう
貴方の七つのお祝いに




言葉が聞こえているうちは
僕らは笑って嘘をつこう
さあ通りゃんせ 行きなんせ
これが最後の一枚だ



どうか転ばないように
二度と転ばないように
さあ通りゃんせ 行きなんせ
貴方の最後のお祝いに



春やあらむと人は云う
春やあらぬと問い帰す




貴方は今も幼くて
歩けないほど小さくて
六ペンスの月で照らしても
きっと迷ってしまうでしょう
銀器を一つ返すから
銀貨も全て反すから
もう転ばないように
二度と転ばないように
さあ通りゃんせ 行きなんせ



さあ通りゃんせ 行きなんせ
貴方の七つのお祝いに

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP