First Light

投稿日:2020/02/21 14:15:28 | 文字数:511文字 | 閲覧数:6 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

闇に輪郭溶けそうな夜明け前
モノクロの世界に色塗りに行こう

最初はいつも そうゼロから
つまずいたって もういちど
初めての音色 そっと踏み出して

明日のキミは昨日のキミの先へ
何度止まってもいいよ それもキミだから
奏でる音の翼に風を受けて
一緒なら飛べる気がしてる
明けの空は 彩度

描いた未来にはとても遠いけど
綺麗事歌っていよう 今はまだ

キミの音はわたしのハート
キミのビートがボクの鼓動
誰かの世界を きっと回すから

道なき旅路駆けるキミに花は咲き
キミだけの音輝け 心向くままに
鳴り止まないメロディーは世界を越えて
いつだって燃える輝きが
ボクらを動かすの

変わる景色 戸惑いも
その気持ち全部抱きしめて
続く道またひとつ曲がり
地平線上きらり光り

明日さえ見えないボクら
それでも未来を歌うんだ
この道の先が明るいと祈り

回る星の上 移ろう日々の中
今ここ立ってるボクら きっとアイの歌
きらめく歌声 電子の波に乗せ
いつか 遥か 彼方

無数の想いつながり キミに会えた
歌が照らす道しるべ キミとまた会えた
明滅 ココロ揺らす この愛しさは
駆け抜ける 光速シグナル
明日へと架ける歌

OPUS(おーぱす)といいます。
曲作りと、たまに絵を描きます。
よろしくお願いします(^^
Twitter・動画は準備中です〜

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • First Light

    by OPUSさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP