睡蓮 / 猫村いろは

投稿日:2021/08/09 19:18:04 | タイム/サイズ:04:10/(5,951KB) | 閲覧数:138 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

睡蓮

夜に、舞っていた
裸足のままで、笑って堪えていた
妄りに振るっていた
其でも痛くて、溢れてしまったんだ
余りに不安定な
あたしの中で、奏で、枯らしていたのは
消えるまで遠のいた
あなただけだったんだ

夢に咲いていた
花の色は残せず掠れていった
けれども嬉しかった
偽物ではないと証すことが出来たから
暮れに啼いていた
蝉が頭の中から離れなかった
あたしはあたしを騙していた
だけだってこと教えられたんだ

漂うような夢の淵で
泣いてばかりのあたしは待ったんだ
待ちわびれど果てには、一人
「嗚呼、そう」枯らっぽの空に響いた
只、酔うがままのあたしはさ
嫌になって夜に投げ出したんだ
睡蓮の花が咲いて
神様が逆さまで笑っていた

ねぇ、神様あなたの眼にも
映らないものを教えてよ
あなたの物言わぬその表情が
憎たらしくて仕方ないの
ねぇ、神様あなたの眼にも
止まらない程にちっぽけな
継ぎ接ぎで汚い愛だけど
其でも届いて欲しかった

胸に抱いていた
いつかの憂いが深く根を張っていた
それが言葉も想い出も
ぐちゃぐちゃになるまで押し潰すもんだから 
あなた諸とも忘れてしまおうと思った
思ったのに 何で!

溺れるような夢の中で
もう居ない筈のあなたを待ったんだ
泣き別れた現在と過去の
どちらにもゆけず彷徨っているんだ
解ける自我の真ん中で
消えていく心と抱き合うあたしは
幽霊に踊らされて
眩むような青に、落っこちた

胚胎した僕の愛情は
きっとどこかの誰かが盗っちゃって
最愛と抱かれたあの子の
隣には誰一人いないそうだ
毎晩のように泣き腫らしていた
彼女は遂には投げ出した
相対したこの感情は
一体どこに向ければいい

消えゆくような夢の底で
叶わぬ恋も帳を下ろした
絶えず泡に孵っていって
其でも終わらぬ命に縋った
冷えゆくままのあたしはさ
「もう、いいや」って瞼を下ろしたんだ
睡蓮の花が閉じて
波の随に見えなくなった

ねぇ、神様あなたの眼には
映らないものなど無いけれど
あなたの物言わぬその表情の
訳も今なら分かるんだよ
ねぇ、神様あなたの眼にも
止まらない程にちっぽけな
継ぎ接ぎで汚い愛だった
其でも輝いていたんだよ

もっとみるLyrics by ガムさん

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 焦点 / 猫村いろは

    by ガムさん

  • Kagerou / 小春六花 SynthV

    by Lighzielさん

  • 今世界は輝いている

    by うどんタイマーPさん

  • 【MEIKO生誕祭2022】笑顔の向こう側【オリジナル】

    by heartwarmingclubさん

  • 【結月ゆかり】FLY【詩先コラボ】

    by チューハイPさん

  • めざめのうた

    by cageさん

  • 【初音ミク】 どうなったっていいじゃないか 【ボカロック】

    by ぞうきんさん

  • スケッチ

    by Holicさん

  • 「黄昏の禁呪」Acoustic

    by no faceさん

  • 【初音ミク】 オアシス 【オリジナル】

    by 見切り発車Pさん

もっと見る

▲TOP