桜の花のように

投稿日:2015/06/06 19:23:11 | 文字数:515文字 | 閲覧数:68 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

瀬良様の曲の歌詞募集のため書きました。

桜の花と恋とを重ねて昔の恋人を想う気持ちを書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春の風が 頬を
そっと通り過ぎていく この道で
一瞬のようで優しいあの日思う

桜の花のように 儚く散った恋
このままあともう少し
記憶の中 舞ってたい

あどけなく笑う
君の笑顔をその隣でずっと
守れるのなら それだけで良かった

桜の花びらが 君の頬を撫でて
綺麗だと嬉しそうな
横顔を忘れない

やがて幾度と季節が
通り過ぎていくけれど
瞼を閉じればほら
君がいるよな気がして

桜の花のように 儚く散った恋
美しい君よどうか
僕の中で 永遠に(とわに)



はるのかぜが ほほを
そっととおりすぎていく このみちで
いっしゅんのようでやさしいあのひおもう

さくらのはなのように
はかなくちったこい
このままあともうすこし
きおくのなか まってたい


あどけなくわらう
きみのえがおを そのとなりでずっと
まもれるのなら それだけでよかった

さくらのはなびらが
きみのほほをなでて
きれいだとうれしそうな
よこがおをわすれない

やがていくどときせつが
とおりすぎていくけれど
まぶたをとじればほら
きみがいるようなきがして

さくらのはなのように
はかなくちったこい
うつくしいきみよどうか
ぼくのなかでとわに

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【VY2】桜の散るころに(仮)【DEMO】

    by 瀬良さん

▲TOP