繋いだ命 小さな手のひら

投稿日:2014/06/03 21:34:48 | 文字数:1,308文字 | 閲覧数:126 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

窓の外に 流れる景色
夏の日差しに目を細めてる
駅のホーム 降りる前から
かわいい笑顔向け はしゃいでいる

隣にあなたがいなくても
唯一 私のたからもの
守ってゆく どんなときも

繋いだ命 小さな手のひら
たったひとつ 紡いだ かけがえない太陽
何があっても 離したりしない
迷わないよ いつかは 会えるその日まで
希望の光を 熱く胸に抱いて
また歩き出すの


丘の上の 向日葵見上げ
不思議そうな顔で 眺めてる
背中越しに 声聞きながら
そっと両手合わせ 瞳閉じる

隣にいつでもいてくれた
無口で 気弱な人だけど
守られてる 気がしてたよ

明日への扉 閉じたままだった
何もかもが 恐くて 一人で泣いていた
暗闇の中 誰かに呼ばれた
迷いながら それでも 扉を開いた
あなたがいたから 君と会えたんだね
奇跡をありがとう


また二人で 会いに来ます

繋いだ命 小さな手のひら
いつの日にか 私の背を追いこすのかな
穏やかな風 髪を撫でながら
柔らかくて 静かな 音色を奏でる
この子の未来が 平和であるように 
強く強く 願い込めた

繋いだ命 小さな手のひら
たったひとつ 紡いだ かけがえない太陽
何があっても 離したりしない
迷わないよ いつかは 会えるその日まで
希望の光を 熱く胸に抱いて
また歩き出すの
ずっと そばにいるよ

-----------------------------------------------------

まどのそとに ながれるけしき
なつのひざしにめおほそめてる
えきのほおむ おりるまえから
かわいいえがおむけ はしゃいでる

となりにあなたがいなくても
ゆいいつ わたしのたからもの
まもおてゆく どんなときも

つないだいのち ちいさなてのひら
たあたひとつ つむいだ かけがえないたいよー
なにがああても はなしたりしない
まよわないよ いつかわ あえるそのひまで
きぼおのひかりお あつくむねにだいて
またあるきだすの


おかのうえの ひまわりみあげ
ふしぎそおなかおで ながめてる
せなかごしに こえききながら
そおとりょおてあわせ ひとみとじる

となりにいつでもいてくれた
むくちで きよわなひとだけど
まもられてる きがしてたよ

あすえのとびら とじたままだあた
なにもかもが こわくて ひとりでないていた
くらやみのなか だれかによばれた
まよいながら それでも とびらおひらいた
あなたがいたから きみとあえたんだね
きせきおありがとー


またふたりで あいにきます

つないだいのち ちいさなてのひら
いつのひにか わたしのせおおいこすのかな
おだやかなかぜ かみおなでながら
やわらかくて しずかな ねいろおかなでる
このこのみらいが へいわでありますよおに
つよくつよく ねがいこめた

つないだいのち ちいさなてのひら
たあたひとつ つむいだ かけがえないたいよー
なにがああても はなしたりしない
まよわないよ いつかわ あえるそのひまで
きぼおのひかりお あつくむねにだいて
またあるきだすの
ずっと そばにいるよ

ゆうきと申します。
よろしくお願いします。

最近、少しだけ時間が出来そうです。
まったりと活動していきます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP