皮肉

投稿日:2010/09/15 02:18:30 | 文字数:472文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

家の目の前の橋から飛び降りた人を見た

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

疲れてる


ふとした事故に

どうでもいいんだ

どうでもいい 自分以外の世界

どこの だれが

どこで どんな

死に方をしたって

どんなに悲しそうな顔しても

その胸の内どうでもいいんだろ

どうせ裏で笑ってんだろ

かわいそう、かわいそう なんつって
正義感ふりまいて

いい子気取って

世界から外されないようにしがみついてんだろ

どうでもいいや

もう いなくなれ

いっそ いさぎよく この世から

飛び去った後この世界に未練はなくて

いくつもの過去を消して生まれた

その命に巡り合う運命なら

正義感すら無邪気な感情に変わって

そしてまた いずれ 罪悪感に変わることなどないのだろう

ただの 好奇心と 問題事のけだるさ

ああ 生きることさえ どうでもいい

なぜ どうして ああ ああ 生きられない

うまく いきることが 

どうして どうしても おっくうで

そんな才能がないわたしは つかれたふりをして



おまえより かちがあるって いってんだよ


価値のある世界で一番先に消されないために ね


(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP