君と死体

投稿日:2012/01/30 22:28:34 | 文字数:331文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

読んで、いろいろ解釈できるようにしました。

ぜひ、読んでください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

線路の下で 君と死体
月明かりが 顔を照らす
血に塗れた セーラー服が
美しくて 見惚れてしまう

佇んだ君の景色が (これも全部君のせいなのに)
傾いた世界の色を (赤く濁る色に塗りつぶし)
君が刺す素敵な色に
全部変えてくれないか

夢の中 君と死体 
現実さえ 壊れそうで
君のこと 知らない僕が
初めて 分かる気がした

教室の窓際の席 (君がいつも外を眺めてる)
騒ぎ出すクラスメイトを (死んだ魚のような目をして)
冷たい部屋の温度が
とても僕に染みてきて

現実で君と死体 
可笑しな僕の景色も
形が保てないから
欠けてきた世界の地図を
も一度みせてくれないか

線路の下 君と死体
夢の中 君と死体
現実で 君と死体

嘘ついた僕のリアルが。

はじめまして!


作曲したり。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP