【初音ミク】二分間の幸せと現実【歌詞】

投稿日:2011/06/26 15:15:08 | 文字数:161文字 | 閲覧数:826 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

そんなもんだよ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

息止め、目を閉じ、観たのは虚ろ色。
自ら裂け出す手のひら、夢で見ていた。

枕の横では、コノ子が震えていた。

絡む指。いつもの様に、髪撫で俯いた。
「キミハ、ダレ。」
僕にそう呟いた。
 
透き通る瞳、定まらず。
カタコトを喋る、君の口。

僕が観た夢には、オマエなんか居なくて。
ただ、ただ、笑ってた僕の目は、虚ろ色。

もっと見る

▲TOP