星の砂

投稿日:2020/08/02 09:31:19 | 文字数:468文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞日→ 2007年5月19日[土曜日] (18才)

遠距離中の彼氏の本音に触れ、
好きのまま別れを告げた女の子の気持ち

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[1番]
好きなのに
別れようと思った
キミからの"ゆううつ"しか
書かれていないメール
それを見たとき切なくなった

キミと出逢い
私が好きになった
自分からダメもと告白
彼女になれたその日
涙が出るほど嬉しかったよ

それからキミにメールする毎日

距離が遠すぎて必死になった
でも全然 縮まらない距離
I will miss you. 不安なの


[2番]
キミの想い
勘付いてた すこし…
キミからのあのメールが
本音でしょ? "ゆううつ"
私の必死が空回りした

時計の針が止まってしまいそう

あえてね、記念日に伝えるから
「おめでとう」と言葉と一緒に
Good-bye、for you. 好きだけど…



もう、これ以上 キミを傷付けたくない
だから星の砂のようにサラッと流すよ
私の気持ち そして1粒の涙

距離が遠すぎて必死になった
でも全然 縮まらない距離
I will miss you. 不安なの

あえてね、記念日に伝えるから
「おめでとう」と言葉と一緒に
Good-bye、for you. 好きだけど…

2020年8月2日に登録しました☆。
私が書いた歌詞に曲を作ってくださる人(作曲)を募集です。よろしくお願いします

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP