黎明、 歌詞

投稿日:2019/11/07 02:09:24 | 文字数:701文字 | 閲覧数:1,594 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

黎明、/flower

作詞曲/Δ



月が消えた夜 呼吸数え午前3時
見上げた星空 雲追いかけるまま なぞった地平数センチ
昔好きだった音楽を聴く 泣き方も知らんまま
この痛みは幻肢痛ですらない

あてもなく歩く ヘッドホンで塞いだ
鼓動だけが鮮明になってく また呼吸を忘れて
吸い込んだ夜風の冷たさ 高い夜空 かすかに聞こえる虫の音
ずっと ずっと あるはずのない
迎えを待っている

拝啓、16の僕に弁明を 結局僕は何にもなれないまま
描いた幻想を捨てきれず廃道を歩くんだろう
差した西日も こぼれそうな満天の星も
こんな盲いた目には関係なくて 何も見えなくて
ってことにしないとさ 怖くなるんだ
なんで血反吐を吐いてまで独り善がっているの?
認めたら終わってしまうから/最初から気付いていたんでしょう
僕が救いたかったのは
僕が意味を求めたのは


今日も惰性で息を吸って 吐いて 嫌いなものが増えてって
その度自分が嫌いになって どこか安心するんだ
ずっと何かを探してた 憧憬は焼き直すほどに輝きを増した 
心臓に刺さったこのひとかけらのせいだ
痛みを消したくて 独りが怖くて 消えてしまえたのなら
どうでもいいはずなんだ

ここは世界で一番星が綺麗に見える場所
塞ぎ込んだ昨日も 不透明な明日も
意味を持つんだろう? どうか教えてくれないか
殺した時間に答えがあったなら
ああ、お願いだよ
僕が救いたかったのは
僕が欲しかった言葉は
独りよがりの歌 大嫌いな歌


黎明、最低な夜に救済を

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP