あなたに生きてほしい理由

投稿日:2019/01/26 22:27:57 | 文字数:531文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自分のペットに、残しておきたい言葉。とても個人的なテーマですし、歌詞と呼ぶには至らないものかもしれません。問題があれば削除させていただきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

壊れた右手を
包むよに そっと撫でた
縮んだ背中は
痛くとも 生きた軌跡

「もう、おやすみ」 そう言えたら
きっとあなたは楽なんだろう
「でも、ごめんね」 まだ言えない
言ってしまえば別れは決まる

幸せにしたくて
あなたと出逢ったはずなのに
幸せになるのは
いつしか私のほうだった
私からあなたに
あげれるものってなんだろう
いつだって確かな
答えもないまま 天を仰ぐ


季節の早さは
残酷で あの日からも
想い出残した
景色さえ 風化してく

「ただ、好きだよ」 そう言いたい
きっとあなたは笑うんだろう
「でも、ごめんね」 どんなときも
言っておかなきゃ失いそうで

いつまでも一緒に
あなたと過ごしていたかった
いつまでもこの手で
あなたを包んでいたかった
私からあなたに
あげれるものを見つけるまで
生きていてほしいと
勝手だとしても 一人願う


「もう、おやすみ」 そう言えたら
きっとあなたは楽なんだろう
「でも、ごめんね」 まだ言わない
言ってしまえば別れは決まる

幸せにしたくて
あなたと出逢ったはずなのに
幸せになるのは
いつしか私のほうだった
私からあなたに
あげれるものってなんだろう
ただ生きていてよと
答えもないまま 一人願う

気分転換に始めてみました。不慣れでご迷惑をおかけするかもしれません、申し訳ないです…。歌詞を書かせていただくことが多くなると思います、よろしくお願い致します。

群青堂でも歌詞を載せています。→http://l.gunjodo.com/yu_uta19/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP