熟毒甘美【曲:ヒラマサ様】

投稿日:2023/10/21 05:06:06 | 文字数:689文字 | 閲覧数:112 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

熟毒甘美【曲:ヒラマサ様】の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
手繰り寄せた鼓動は
生糸のままで
迷子のようにか細い
祈りに似た歌
暗がりにうずくまり
戻れないと知る
不規則な囁きに
砂時計は散る


B
庇護欲をくすぐられて
私はもう抗えない
指先で絡めとる
貴方の心臓は
きっと奈落の味

S
一人分だけ埋まらない隙間に
おとしたキス それは甘い余毒

空虚だと嘆いた赤い爪が
ありもしないのに愛を語る

追われたら偶像
終われたら良かった
檻にとらわれて
棘をのみこんだ幸せ


S
独りよがりのゆるやかな真夜中
雑音だけがやけに綺麗だった

閉じていく視界の端で咲いた
わがままをねだる愛の蚕

壊れては切なく
壊しては縋った
月に縛られて
杭を離せない幸せ

——ひらがな——

A
たぐりよせたこどおわ
きいとのままで
まいごのよ(お)にかぼそい
いのりににたうた
くらがりにうずくまり
もどれ[ない]としる
ふきそくなささやきに
すなどけいわちる


B
ひごよくをくすぐられて
わたしわも(お)あらがえない
ゆびさきでからめとる
あなたのしんぞおわ
きっとならくのあじ

S
ひとりぶんだけうまらないすきまに
おとしたキスそれわあまいよどく

くうきょだとなげいたあかいつめが
ありもしないのにあいをかたる

おわれたらぐうぞお
おわれたらよかった
おりにとらわれて
とげをのみこんだしあわせ


S
ひとりよがりのゆるやかなまよなか
ざつ[おん]だけがやけにきれいだった

とじていくしかいのはしでさいた
わがままをねだるあいのかいこ

こわれてわせつなく
こわしてわすがった
つきにしばられて
くいをはなせないしあわせ

(cataclecoで「かたくりこ」と読みます。)
テキスト分野(作詞)に興味があり登録させていただきました。
歌詞を投稿しています。
応募用以外は曲募集中です。
曲先、詞先どちらも可能です。
よろしくお願いいたします。

(別場所では短歌や短編小説創作をしています。)
(Twitter登録してみましたが、まだ不慣れなので慣れそうでしたら後日活用していきたいと思います。)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP