和蘭陀の涙

投稿日:2021/06/21 22:53:08 | 文字数:773文字 | 閲覧数:469 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

オリジナル曲「和蘭陀の涙」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

吹き付けてくる露骨な敵意
お前になんか穢されやしない
繰り返される無意味な誹謗
かすり傷も残らない

鼓膜 揺らす しがない言葉
あなたはきっと口をついただけ
作為のない それは多分 善意だとしても

震えて滲んで 笑いを止めてしまう空
つぶれて濁って 安楽 覆い尽くす雨 
私のあなたの引き金となるものはなに
転がり始めた行方をただ見つめるだけ

瞬く間に ばらばらばら
砕け散って ばらばらばらばりるらばられら
数多の欠片 ばらばらばら
壊れたまま ばらばらばりるれら
だけど
粉々でも きらきらきら
光放つ きらきらきらきるらりきらるら
数多の私 きらきらきら
綺麗でしょう きらきらきるりれら

舶来のお菓子 吐くほど食べたり
華やぐ香水 派手に撒いたり
助けにならない他愛も無いこと
せずにいられないの

巷にあふれてる癒し 本当に効き目ありますか
たやすく傷つかない この身 たやすく元には戻らない

降り注いでくる しつこい悪意
お前になんか犯されやしない
繰り返される不毛な罵倒
爪痕など残らない

網膜 映る ありふれた仕草
あなたはきっと無意識のうちに
邪心のない それは多分 気遣いだとしても

歪んで軋んで 涙 堪えきれない風 
破れて崩れて 平穏 放り捨てる雲
私にあなたに火を点けてしまうのはなに
幕はもう開いた 成り行きにただ任せるだけ

なすすべなく ばらばらばら
変わり果てて ばらばらばらばりるらばられら
幾多の破片 ばらばらばら
乱れたまま ばらばらばりるれら
だけど
散り散りでも きらきらきら
輝いてる きらきらきらきるらりきらるら
幾多の私 きらきらきら
美しいの きらきらきるりれら

愛くるしい服 あるだけ買ったり
あざとい顔して あなた噛んだり
救いにならない他愛も無いこと
もう少しだけさせて

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 和蘭陀の涙

    by かづゑ屋さん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP