『残像。』 第13章 タトゥー

投稿日:2010/10/03 17:02:52 | 文字数:1,692文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:小説

ライセンス:

久しぶり過ぎて話の内容忘れかけてました←←←

これからワンクッションなくします。

別にワンクッションやるのがめんどくさいとかそんなんj((((((((((((


前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 「…ねぇ。カイト先生。」
 「なぁに、レン君??」
 「こんな事聞くのもどうかと思うんですけど…。」
 「?」
 入院生活の一日目が終わろうとする頃、僕とカイト先生は夕日の眩しい屋上で話し込んでいた。
 「…ほんっとに言いづらいんですが…。」
 「なぁに??」
 僕は意を決して口を開く。
 「この病院って、なんでこんなに人少ないんですか??」

 今までずっと感じていた疑問をぶつける。
 …この病院は、患者、医師、看護師、全てを含む“人”が少な過ぎる。ここだってわりと立派な病院だし、外見もそこそこデカイ。
 けれど、入院してる患者も、働いている医師も、看護師も、ほとんどいない。ホントにこんな人数で病院は機能するのだろうかというほどに。
 それを聞いたカイト先生は、少しだけ目を伏せただけで特に驚く様子もなく、「…あー、ばれちゃったかぁ。」と言った。

 「さすがに嫌でも気づきますよ。これだけ人少ないと。」
 「そっか。」
 と、カイト先生が目を細め、微笑しながら目の前をまっすぐ指差す。

 「ねぇ、あの看板の向こうの大きな建物わかる??」

 僕は目を細めて看板の向こう側を見据える。いかにも作り立てと言うような、白い大きな建物が見えた。
 遠目でもわかるくらい派手な作りをしている。まるで外国の古城のような精巧な石造りの飾り。この病院が5階建てであるのに対し、向こうは…少なくとも2倍はあるだろうか。

 「あそこもね、ここと同じ、病院なんだ。」
 「病院!?」

 驚いた。まさかあんな無駄に豪華な建物が病院だなんて。

 「…病院って、白くて清潔感のある建物のことじゃないんですか…??」
 「んー、ホントはそのはずなんだけどねぇ…。」
 はは、と眉を八の字にして苦笑するカイト先生。

 「…で、その病院がどうかしたんですか??」
 「この病院潰そうとしてるの。」
 「…は?」
 「今行った通り。」
 「…つまり、あっちの病院の営業にはこの病院が邪魔だから、この病院に潰れてほしいと。」
 「察しが良いね。」
 「良く言われます。」
 「ま、そういう事になるかな~。」

 つくづく呑気な先生だ。この病院が潰れそうになっているというのに。
 「そういえばレン君、治療中に気付いたんだけど…」
 先生が急に真面目な顔をする。なにか重要なことでもあるのだろうか。思わず僕はゴクリ、と息を飲む。
 そして先生が慎重に口を開いた。
 「…タトゥー、入れてる??」
 「…は?」
 何を突然。タトゥーなど入れている訳無いだろう。校則で禁止されているし、その前にタトゥーを入れた記憶すらない。痛そうだし。つか痛いらしいし。
 テレビなどで呻き声を上げながらタトゥーを彫る人達を顔を顰めながら見ていたのを思い出した。

 「入れてる訳無いじゃないですか、何考えてるんですか。」
 「でも、これ。」
 そう言ってカイト先生は僕に一枚の写真を見せる。
 「な…っ!!」

 それは恐らく僕の足首の写真。そこには、真っ赤な六亡星の様な模様のタトゥーの様なものが入っていた。うわぁ悪趣味。

 「治療中に撮った写真なんだけど。…レン君、ちょっと足の包帯とってくれる?」
 「言われなくてもそうしますって。」
 入れた覚えのないタトゥー。誰よりも早く、まっさきに自分で確認したい。そう思って、素早く自分の足に負かれている包帯を外す作業に取り掛かる。
 弾力性のない真っ白な包帯を時々指に絡ませつつ、何とか外し終わり、足を見る。

 「え。」
 「あ、やっぱり。」

 が、そこには何もなかった。
 何度も見ても、目を擦っても、そこにはただ、比較的白い自分の足があるだけだった。
 「カイト先生。」
 「ん?」
 「その写真…インチキだったんですか…?」
 「違うよ。ちゃんと日付入ってるし。」
 「じゃあ何でっ…!?」

  ・・・
 「消えたんだよ」
 「…きえ…た…?」
 「そう、消えたの。処置中に。」
 それからカイト先生は処置中に起こった出来事を話してくれた。






名前変更しました、元、星屑です。

リンレン、兄さん、帯人が特に好きです^^*
アルビノとか眼帯とか赤毛とか青色とかによくツボりますw
暗い話が主食です。

なんとか高校生になりました。しかし相変わらず中二病患ってます。

ただの馬鹿ですが、よろしくお願いします。

ブログ始めてみました→http://ameblo.jp/20-06-19-88/



もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP