初恋の右腕

投稿日:2012/06/23 23:05:41 | 文字数:240文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

帰宅際に思いついたシオマネキ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏が来始めたそんなころ
彼女に恋をした
彼女は強い人に衞られたいって
ぼくはひ弱な体を鍛えた
そう、右腕を重点的に

夏が終わる頃
僕の右腕は彼女のウェスト位になった
彼女も片手で愛することが出来る
文化祭で告白するんだ

ぼくは一人右腕を鍛える
彼女は本当の強さを愛していない
お気に入りのプロレスラー
僕の右腕はそのウェスト位になった
海だって片手で愛することが出来る
愛しているんだ

今の僕はシオマネキ
僕の右手はシオマネキ


今の僕はシオマネキ
僕の右手はシオマネキ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP