仮面

投稿日:2019/07/14 19:17:05 | 文字数:898文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

two_sidesさんの歌詞募集に応募中です。
https://piapro.jp/t/US4y

よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

湖上の館は 月影満ちる頃
素性を隠した 仮面の宴

齢も十六を数えば 誰も
そう 青い薔薇を交して
もう 過去も運命も忘れて
刹那の色に染るだろう

仮初など 知って尚 胸のロザリオ
嗚呼 臨む愛を ずっと抱締めて
永遠へと どうぞ

慕情の雫は 涙と混る程
無情も密かな 仮面に沁みて

誰かの浮かれた靴音に乗せて
そう 甘く輪舞曲絡まる
もう 罪と目交う儘の身を
水面の月も嗤うだろう

慰めごと 繰って往く 夢のシナリオ
嗚呼 望む愛を いっそ引換えて
永遠へと きっと…

此の灯の仄暗さに咲く
そう 白く歪な華よ
もう 嘘の蝶結び解けば
刹那の夜も明けるけど

仮初だと 知って尚 胸のロザリオ
嗚呼 臨む愛も そっと朽ち果てて
永遠など もう

慰めごと 喰って逝く 醒めたシナリオ
嗚呼 望む愛を ずっと潜めてた
仮面を 剥ごう


***譜割り***

こじょおのやかたわ つきかげみちるころ
すじょおをかくした かめんのうたげ

よわいもじゅうろくをかぞえば だれも
(そう) あおいばらをかわして
(もう) かこもうんめいもわすれて
せつなのいろにそまるだ(ろう)

かりそめなど (しっ)てなお むねのロザリオ
ああ のぞむあいを (ずっ)とだきしめて
とわえと (どう)ぞ

ぼじょおのしずくわ なみだとまじるほど
むじょおもひそかな かめんにしみて

だれかのうかれたくつおとにのせて
(そう) あまくロンドからまる
(もう) つみとまぐわうままのみを
みなものつきもわらうだ(ろう)

なぐさめごと (くっ)てゆく ゆめのシナリオ
ああ のぞむあいを (いっ)そひきかえて
とわえと (きっ)と

このあかりのほのぐらさにさく
(そう) しろくいびつなはなよ
(もう) うそのちょおむすびほどけば
せつなのよるもあけるけど

かりそめだと (しっ)てなお むねのロザリオ
ああ のぞむあいも (そっ)とくちはてて
とわなど もお

なぐさめごと (くっ)てゆく さめたシナリオ
ああ のぞむあいを (ずっ)とひそめてた
かめんを は(ごう)


※カッコ内は1音です。

〜想イノ雨ヨ、君ニ降レ〜
ヘッダーは下弦さんに描いて頂きました!

歌詞書きやっております。
コラボしていただける方、
また曲つけたい歌詞がありましたら、
気軽にご一報ください。

なお、使用端末はiPhone7です。
不便なこともあるかと思いますが、
よろしくお願いします。

ちなみにアイコンは本人です笑

尊敬 スピッツ/GRAPEVINE/吉澤嘉代子/松本隆

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 仮面

    by two_sidesさん

▲TOP