エテレイン 歌詞

投稿日:2015/03/12 18:14:32 | 文字数:352文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「エテレイン」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜に光る星の下で
僕らは空を見ていた
笑い合って話せていることが
当たり前と思ってた

だけどそんな当たり前は
僕の前から消え去った
もう二度と会えなくなるなんて
考えたくもなかった

離れたくないと思っても
何もできないの

僕はただ 一緒にいたくて
今浮かんでる 空虚な空に
君と離れたくないって
叶わないのに 何度も願うの


無限に広がる世界で
いつしか夢を見ていた
星空を見上げながら 僕ら
笑いあって話してた

そんな願い通りの夢も
すぐに掻き消されてさ
現実の僕の
願いは叶わなくて

僕はまた 空を見上げていた
離れていても 心は君と
きっと繋がっているから
君と一緒に笑っていよう

君は もういないけれど
僕らを繋ぐ あの日の空に
いつか、また会えるんだって
願って僕は 未来を想うの

曲を作ったりしてます

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP